食のスペシャリスト&グルメに精通する識者で構成される「FRaU Foodies」が、今イチオシの料理やスイーツなどをお届けします。今回は、年間1200件の飲食店を食べ歩いているグルメライター・むにぐるめさんイチオシのランチメニューが登場。お肉だけどヘルシーなお重が銀座で食べられるんです。

熊本から直送の最高級馬肉を
刺身、焼き、鍋で満喫!

むにぐるめさんイチオシのランチメニューが食べられるのは「馬菜 銀座本店」。熊本直送の最高級馬肉を使用する専門店です。馬肉は、高タンパク、高ミネラル、低カロリー、低脂肪、さらには鉄分やグリコーゲンも多く含有と、いいことづくめの食材。

オーナーと店長が現地で数件巡った中で、一番飼育環境のいい牧場と提携。通常よりも長い飼育期間の2年をかけ、大きく成育。脂ノリがよくサシの入った上質なお肉に仕上がります。さばきたてを直送してもらうため、生でも食べられるものだけを提供しています。

「夜は6000〜10000円のコースを中心としたお店ですが、平日ランチ限定で食べられる『馬肉大トロ重』はリーズナブルかつ絶品!

馬肉大トロ重 ¥1380(味噌汁、サラダ、小鉢付き)

お重いっぱいに大トロフレークが敷き詰められているにも関わらず、1380円という価格。加えて銀座という立地。最強コスパといえるでしょう」

むにぐるめさんがおっしゃる通り、ご飯の上には、大トロフレーク、卵にユッケ。さらには刻んだタテガミものり、すごく贅沢。見た目も華やかです。

「一口食べるごとに口の中でお肉がとろけていき、肉の旨味が口の中に広がる瞬間はまさに至福。馬肉専用の甘い醤油と一緒にいただけば、最高のランチを過ごせること間違いなしです」

大トロ重はいろいろと食べ方を楽しめます。まずは、むにぐるめさんが「至福」とおっしゃった、アツアツご飯と溶け出したフレークの脂で大トロの旨みを堪能すべし。新鮮な馬肉を使っているからこそできる芸当に感動したら、卓上の自家製醤油へ。

こちらは小皿に入っている生姜にかけ、生姜醤油にしてまわしかけます。これが相性抜群。馬肉の甘みを引き出し、箸が止まらなくなります。

あとはユッケで異なる食感を楽しんだり、黄身とともに混ぜてまろやかにしたり。ニンニクや柚子胡椒を加えて味変するのも楽しいです。牛肉よりもあっさりしているので、後味もさっぱりしています