1970年代のウエストハリウッドで、ゲイのカップルが育児放棄された障害ある子を育てたという実話をもとに作られた映画『チョコレートドーナツ』。マイノリティが直面する、差別や偏見が描かれる。宮本亞門の演出で世界で初めて舞台化し、12月に東京・渋谷のPARCO劇場でお披露目された。関係者が新型コロナウイルスに感染したため休演後、20日に開演し、30日に千秋楽を迎えた。

1月は長野・宮城で上演し、大阪・愛知でも予定されている。ドラァグクイーンを東山紀之、パートナーの検察官を谷原章介が演じる。そして、彼らが育てる少年マルコは、実際にダウン症のある2人が演じ、観客を魅了している。2人はどうやって芸をみがいたのか。その背景を紹介する。

モニカ役の妃海風さん、マルコ役の高橋永さん、そして検察官ポールを演じる谷原さん 撮影/引地信彦

オーデイションで選ばれた

チョコレートドーナツに出演している高橋永(はるか)さん(14)、丹下開登(かいと)さん(21)は、ダウン症のある人のためのダンススクール「ラブジャンクス」に所属している。ラブジャンクスを主宰する牧野アンナさんに、2人の素顔について聞いた。

「ハルカは、2014年にラブジャンクスに入り、初心者やダンスを楽しみたい人向けの『エンジョイクラス』に通っています。ブレイクダンスクラスの研修生でもあります。ラブジャンクスには劇団もあるのですが、年に1回、入団テストがあり、ハルカは2020年1月に初めてオーディションを受けて合格し、団員になったばかりでした。ダンスのセンスもいい。芝居も問題なく、オールジャンルできる子です」

-AD-

もう1人の開登君は、ラブジャンクスが始まって間もない頃、16年以上前から参加している。「ジャニーズに入りたい」と話すこともあるという。

「『ステップアップ』というクラスにいます。楽しく踊りながら、振り付けにも挑戦する、エンジョイとアドバンスの中間クラスです。カイトは、選ばれてガンガン前に出るようなタイプではないかもしれません。マイペースに楽しんできました。今回は、お芝居の様々な条件や、立ち位置を守らなきゃいけない状況で、どれだけやれるのか未知数でした」

2人は、オーディションで選ばれた。「数年前、ラブジャンクスのメンバーがプロの俳優やスタッフと、演劇の舞台『継承』を上演しました。その際、亞門さんが見に来てくださり、いつかダウン症のある人と舞台をやりたいねと話していました。

チョコレートドーナツのオーディションのお話があって、ラブジャンクスのメンバー全員に参加条件を案内し、スケジュールが合う希望者が受けました。亞門さんやスタッフにセリフや動きを見せて、2人が選ばれました。公演が長丁場であること、体調などを考えて、ダブルキャストになりました」