# 女子アナ

テコ入れで光が見えるか!? 永島アナと井上アナが「フジテレビ」を救うかもしれない

着実に実績を残してきた永島アナ

春の番組改編で朝の情報番組のテコ入れに動いたのはフジテレビだ。

フジテレビの永島優美アナ

22年続いた『とくダネ!』に幕を下ろし、3月29日から新番組『めざまし8』のMCに俳優の谷原章介と永島優美アナの起用が発表された。今回の「人事」の舞台裏について、フジ関係者はこう明かす。

「小倉智昭キャスターの後任を探すのは大変でしたが、女性キャスターは永島アナですんなり決まったようです。16年4月に加藤綾子アナの後任として『めざましテレビ』のMCに抜擢されると、しばらくは加藤アナと比べられてプレッシャーに苦しむことも多かった。それでも自分のカラーを出しながら落ち着いて進行できるようになると、18年から3年連続で民放同時間帯視聴率1位を獲得し、十分な実績を残しました」

14年に入社した当初は、元Jリーガーの父親・永島昭浩の娘とイジられることもあったが、順調に成長を遂げて名実ともにエース街道を歩んでいた。

 

「『めざましテレビ』のMCになってからも毎朝ルーティンの発声練習を行い、オンエア終了後は反省会も欠かしません。プライベートでは自宅で食事会を開いて後輩を招いたり、手紙でアドバイスを送るなど、面倒見の良い姉御肌で知られています。上層部の期待が大きいというものありますが、永島アナ自身もフジ愛が強く、これだけ人気があるのにフリーの噂は聞いたことがない」(前出・フジ関係者)

その永島アナが抜けた『めざましテレビ』のMCに抜擢されたのは、入社4年目の井上清華アナだ。

編集部からのお知らせ!

関連記事