文在寅批判が噴出してきた photo/gettyimages

文在寅は「三流だ」「薄っぺら」…いよいよ韓国メディアからの「大批判」が始まった!

文在寅「困惑」発言の舞台裏を明かそう

文在寅「困惑している」発言の全舞台裏

韓国の文在寅大統領は、1月18日の年頭記者会見において、慰安婦裁判の判決に関連して「日本政府の資産が差し押さえられて売却されるべきか」という日本メディアの質問に答えて、「正直困惑している」と述べ、2015年の合意についても政府間の公式合意であったことを認めて「(合意を土台にして)ハルモニ(おばあさん)たちも同意できる解決方法を探していけるよう、韓日間で協議していく」と述べた。

あたかも問題がいまだ解決していないかのような言い方ではあるが、大統領自身が公の場で公式合意であることを認めたのは初めてではないだろうか。

2018年に文在寅大統領が元慰安婦を青瓦台の昼食に招いた時には「合意は真実と正義の原則に背き、内容と手続きも共に誤り」と述べ、被害者の意に反する合意をしたことについて大統領として謝罪していた。それが今回、文在寅大統領は徴用工についても言及して、強制執行によって日本企業の資産が現金化される事態は「望ましくない」との考えを示した。

文在寅が「困惑した」と photo/gettyimages
 

文在寅氏が、自らの過ちを認めるのは非常に珍しいことである。

文在寅氏が、これまで2015年の慰安婦合意を公式合意と認めなかったことが、同問題がこじれた発端である。その意味で文在寅氏が過ちを認めたことは一歩前進であり、過ちを認めた勇気には敬意を表する。

しかし、この発言で問題解決に一歩近づいたかと言えば、それは違うであろう。

関連記事