# リモートワーク

リモートワークで「成果があがらない人」が見落としている4つの視点

「ニューノーマル時代」の新評価基準を攻略
濱田 秀彦 プロフィール

今後、必要とされる人材であり続けるためには、まず「目標管理」がきちんとできる人でなければなりません。それは、ぼんやりとした目標ではなく、数値化がマスト、中でも会社やチームへの貢献度が金額換算で表現できるようになることが重要になってきます。

「報連相」は評価アップへの近道

「報連相」この言葉が嫌い、というビジネスパーソンは少なからずいます。仕事以外に発生する面倒な上司対応。そんなイメージを持っていたとしても、それを責めるつもりはありません。

ただ、コロナショック後の上司にとって、報連相はマネジメントの命綱になっています。チームの成果について進捗を把握し、手を打つために、部下からの報連相は必須だからです。

 

そのため、これまでとは格段に要求水準は上がっています。以前の感覚で実践していたら「物足りない」と思われてしまう可能性が大です。逆に、その変化を認識し、報連相のレベルを上げていけば、確実に評価が上がるでしょう。実は、報連相にこそ、簡単に評価を上げる逆転のチャンスがあるのです。

成果の見える時間の使い方を

企業が、社員を成果で評価するようになると、社員の労務管理も変わります。

これまでは、「労働時間」が管理の中心でしたが、ジョブ型の導入とともに裁量労働制のような方向にシフトしていくことが考えられます。社員は、時間の使い方に裁量が与えられる分、自分自身で成果をあげるための時間の使い方を考え、実践することを求められるようになります。

となると、短時間に大きな成果をあげることが最も重要になってきます。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/