東京・銀座四丁目の交差点、銀座のランドマークとして知られる和光本館。シンプルな機能美で定評のあるWAKOウォッチなどの時計をはじめ、宝飾品や洋服など、厳しい目で選び抜いた幅広いアイテムのセレクトは、昭和から令和の時代を通じて、多くの人を魅了し生活に喜びを与えてくれます。そんな和光のアイテムの中から、知る人ぞ知る、小さな名品をお2人に語っていただきます。

そもそも『JAXURY』とは?
FRaUが発信する、世界に誇れる日本の美しさ「JAXURY」を徹底解説!
>記事はこちら!

本日のテーマ:和光の小さな名品
Lesson1 他国に誇れる、名品チョコレート
Lesson2 日常に寄り添う小さなジュエリー
Lesson3 ユーモアのある小さなギフト
Lesson4 和光は日本のラグジュアリーの原点にして頂点

Lesson1 他国に誇れる、懐の深い名品チョコレート

 ショコラトリーの先駆けとして多くの人に愛されてきた和光のチョコレートは、銀座すぐ近くのアトリエですべて手作り。なかでも生チョコレートの「ショコラ・フレ」は季節の限定品をはじめ常時約30種類から選べ、贈り物として愛されています。

チョコレートを詰め合せた宝石箱のようなギフトボックス。中には、和光本館の建物が表面にデザインされた一口サイズのキャレ ド ショコラ12枚、和光の自家アトリエで作られるショコラ・フレ15個と、ナチュール、コニャック、ウイスキー、シャンパンの4種のトリュフが並び、様々な味を楽しめます。ギフトボックス¥12000/和光アネックス 1階 ケーキ&チョコレートショップ

中野 和光のアイテムのなかでも、ぜひ手にとっていただきたいのがチョコレート。私はお礼やお歳暮などの贈り物はすべてこちらを愛用しています。値段設定が細かく、バリエーションの作り方が上手いので贈り物にぴったり。どの価格帯のものを贈っても感動していただけますね。なかでも、約12000円の3段になったギフトボックスを送ることが多いのですが、非常に喜ばれます
森岡 僕も先日ギフトボックスをもらう機会がありましたが、最高にいいですね。見栄えはもちろん、チョコのボリューム感、贅沢な味わいにも驚きました。
中野 3段というところがまた嬉しいですよね。私も驚かせたいときはこれです。銀座・和光でしか手に入らない、という特別感も大きいですね。
森岡 さらに誰が食べても美味しいというのも素晴らしい。
中野 海外のチョコレートブランドは小粒でおしゃれすぎて、相手にその魅力が伝わりづらいときがありますよね。その点、和光のチョコレートは価格もサイズも味もちょうどいい。おしゃれ感がありながらもきちんと一粒で満足できる大きさなので、老若男女問わずすべての人を受け入れる包容力があります。贈るほうも、額面以上の価値が感じられるという納得感がありますね。そして、何より包み紙が素晴らしい。正統派のブランドだから祖父母が受け取っても嬉しいし、どの年代の方が召し上がっても美味しいと思える味です。正直、あまり有名になってほしくないなと思うぐらいです(笑)。


森岡 味はもちろん、ブランドバリューの後押しもあるので、箱を開ける楽しみがありますよね。どの世代、どのジャンルの方も納得させる包容力のあるお菓子を作り続けることができるのは、じつはとても難しい。銀座・和光ならではだと思います。他にも、隠れた名品が和光には多いですよね。バウムクーヘンなどの焼き菓子系も美味しいのでおすすめです。
中野 ここだけの話、和光はスウィートポテトも美味しいです。絶妙なサイズで、これも手土産に持っていくとみんなが感動する。別館の二階で提供しているパフェなども含め、和光のスイーツはとてもレベルが高いなと思います。