*左から@koa_0607さん、@unagi_creampuffさんのインスタグラムより
# Z世代 # プリクラ

双子コーデ、手作りメガホン、龍のポーズ…日本の女子の「プリクラ」の楽しみ方、まだまだ進化中!

みなさんは「Z世代」をご存知でしょうか? Z世代とは1996~2012年に生まれた若者たちで、SNSと共に生活しているソーシャルネイティブな世代です。

私がトレンド分析担当を務めるZ総研は、そんな今までの世代とは異なった価値観を持つZ世代を研究、分析しています。今回の記事では、Z総研が行ったトレンド調査『コト・モノ』部門で3位を獲得した『〇〇プリ』についてご紹介します。

鬼滅、TikTokの次に流行ったのは…

私が所属するZ総研にて先日『2020年下半期トレンド調査』を行いました。その中の『コト・モノ』部門で3位を獲得したのが『〇〇プリ』です。

「今の若い子はスマートフォンの自撮りアプリもあるし、画像がきれいで可愛く映ることができるから、プリクラはいらないんじゃない?」

このように、プリクラ離れを心配する声もあると思いますが、Z世代も平成を謳歌したかつての女子高生と同じように、プリクラと共に青春を歩んでいるのです。

Z世代は遊んだ帰りや学校帰りなど日常の中でもプリクラは撮りますが、それよりも『〇〇プリ』とテーマを決めて、プリクラを一種のアトラクションのように楽しんでいるのです。

 

コロナ禍でも「季節ものプリ」は健在

春夏秋冬、日本には四季があり、それぞれの季節を連想させるものがたくさんありますよね。Z世代はその年のその季節を思い出に残すための『〇〇プリ』を撮ります。その中でも『ハロウィンプリ』『クリスマス(トナカイ)プリ』をご紹介します。

『ハロウィンプリ』はその名の通り、ハロウィンらしくコスプレをしてプリクラを撮ります。2020年のハロウィンで特に流行ったのが『洋館メイド』でした。

@swifty__0830さんのインスタグラムより
編集部からのお知らせ!

関連記事