Photo by iStock

日本人が知らない裏歴史…江戸時代、幕府が「ミイラ」を大量輸入していたワケ

実は万能薬だった

「日本医学」の発展の陰で

江戸時代、幕府が鎖国を行い、自国の支配を強固にしたことは周知の通りだ。しかしこの間、完全に海外との交流を断絶していたわけではない。幕府はいわゆる「四つの口」と呼ばれる、長崎の出島、対馬、薩摩、松前の地で貿易を行ってきた。

当時の輸入品の大部分は生糸や絹織物で占められていたが、それ以外に一風変わった代物もあった。例えば、享保13(1728)年に時の将軍、徳川吉宗が中国の商人から取り寄せた象などは有名だろう。

だが、奇妙な輸入品は他にもある。江戸中期以降、西洋医学の研究が盛んになると、伝統的な漢方医学と融合し、日本医学は独自の発展を遂げるようになった。

Image by iStock
 

その過程で海外から様々な薬が輸入されたのだが、その中には、なんと「ミイラ」があったのだ。

当時、薬学に精通していた学者の貝原益軒が編纂した書物に『大和本草』がある。同書では日本内外の1362種の動植物・鉱物の効能がまとめられているが、そこには確かに「木乃伊(ミイラ)」の項目が記されているのだ。

また、蘭学者の大槻玄沢も自著『六物新志』で、ミイラを薬として紹介。とりわけエジプトのミイラが最上品だとしている。

編集部からのお知らせ!

関連記事