提供:ネスレ日本

サステナブルの先進企業として知られるネスレ日本株式会社(以下、ネスレ日本)と、2018年12月からSDGs特集号を出し続けているFRaUがタッグを組んだ読み聞かせ企画「#えほんでみらいをかんがえる」

2月1日(月)より5週連続(毎週月曜・金曜更新)で、ネスレ日本公式YouTubeチャンネルにて、環境をテーマにした絵本をブックハウス&カフェの店長茅野由紀さんが選書した環境をテーマにした絵本の、“読み聞かせ”した全10本の動画が配信される。読み手の方は公開順に寺島しのぶさん、中村仁美さん、福田萌さん、佐々木希さん、青木裕子さん

第1回の『もったいないばあさん かわをゆく』と第2回の『ピンク! パール!』の読み聞かせをしてくれた寺島しのぶさんに、絵本の力、環境のこと、子育てのこと、子どもと一緒に考える地球のこと、そして仕事の話もたっぷり伺った。

「#えほんでみらいをかんがえる」ってどんな企画? 詳しくはこちら! 
寺島しのぶさん読み聞かせ動画はこちら
#1『もったいないばあさん かわをゆく』
#2『ピンク! パール!』

「まんが日本昔ばなし」が物語への目覚めでした

無言のうちに、ページをめくる。絵本の中のヤマメたちが、少しずつ、川の上流を目指して前進していることがわかる。人間が自分たちの暮らしを優先したために、すっかり棲みにくくなってしまった川。そこに生きるヤマメたちは、次世代へと命をつなぐために、一途に上流を目指した――。

寺島さんが、『ピンク! パール!』を読み終えたとき、スタジオ内に、静かな感動が広がった。そこにいた誰もがこの絵本のあらすじを知っていた。でも、寺島さんの肉声は、絵本に登場するキャラクターに命を吹き込み、スタッフ全員を物語の中へと引き込む力があった。ヤマメが産卵のために川をのぼっていくクライマックスでは、作者の村上康成さんは絵だけでその生命力を伝え、寺島さんも、無言でページをめくった。朗読ではない、絵本の“読み聞かせ”の持つ可能性。物語が、子どもたちの未来を開いていくことを、そこにいる誰もが確信した。

出典/ネスレ日本公式チャンネル

語り部として、一瞬にして場の空気を変えた寺島さんに、自身が物語の楽しさに目覚めたきっかけを聞くと、「たぶん、『まんが日本昔ばなし』(※1975年から1994年までTBS系列で放送された日本各地の昔話を扱ったテレビアニメ)だったんじゃないかと思います」という。
「市原悦子さんと常田富士男さんが、老人から子供まで、見事に登場人物の声色を使い分けていて、物語ごとにアニメーターも違うから、絵柄もすごくバラエティに富んでいて、毎週観るのが楽しみでした。放送されたお話は、小冊子になっていたので、それを旅行のときに持っていったり」

作者がしない「説明」も大切だと思う

言われてみれば、『ピンク! パール!』を読んでいたときの寺島さんには、どこか市原悦子さんを彷彿させるものがあった。事前に今回読む二冊は渡しておいたものの、「『もったいないばあさん』のシリーズは前から大好きでたくさん読んでいるんですが、なかでもこの『もったいないばあさん かわをゆく』は文章が多いんだな、と思って何度か練習しました。でも、『ピンク! パール!』のほうは、いただいてすぐパラパラめくって『あ、これは難しそうだ』って思って読むのをやめちゃった」と言って朗らかに笑う。

「絵本って、初見で読んだ方がいい場合があるんですよ。本当に面白い絵本の場合は、まず読んでいる私自身が楽しくなって、その本気の楽しさが子どもに伝わるみたいなことがあるから」

撮影/山本倫子

読み聞かせをするときは、“絶対に、絵本に書いてある以外の言葉を加えちゃいけない”というのが寺島さんの持論だ。

「作者が敢えてやっていることには絶対に意味があると私は思うんです。子どもは字がないからこそ、『なんで字がないの?』って疑問を持ちつつも、絵の世界観にぎゅっと入り込むことができる。作者が『ここは絵に入り込んで欲しい』と考えたなら、そこを大事にしてあげたい。最近は、テレビにもいろんなテロップが出てきて、ドラマも映画も大抵が説明過多じゃないですか。流し見してても簡単に内容が分かっちゃう。でも、本当は、子どものうちから、目には見えてない部分や、余白を想像する力を育てることが、すっごく大事だと思うんです。なぜ言葉がないんだろう? この絵はどういう意味なんだろう? 自分の子どもに読み聞かせをするときも、せっかくならそこまで考えてほしいと思っていますが、そういう親心が伝わっているかどうか……。難しいですよね」