絵本のセレクトは絵本のスペシャリストが

「#えほんでみらいをかんがえる」企画のためには、何より子どもも大人も面白く読める作品でありながら、メッセージの込められた絵本をセレクトしなければならない。
そこで選書を引き受けてくださったのが、神田神保町の書店「ブックハウス&カフェ」店長の茅野由紀さんだ。

  ブックハウス&カフェの店長・茅野由紀さん 写真提供/ブックハウス&カフェ

広々とした店内には大人も子どもも楽しめる絵本がずらりと並ぶ。中央のソファ席では絵本のワークショップも頻繁に行われている。奥にはカフェスペースがあり、ここで絵本の原画展が開催されることも。そのイベントをほぼとりまとめているのが茅野さんなのである。

年代別のありとあらゆる児童書が外国語のものも手に入る「ブックハウス&カフェ」の店内。
奥には原画展なども行うカフェスペースが 写真提供/ブックハウス&カフェ

絵本を勧めるには、当然ながら多くを読んでいなければならない。茅野さんの頭の中には昔ながらの名作から最新作まですべての絵本が入っていて、まるで歩く絵本の国会図書館のようなのである。しかも頭に入っているだけではなく、子どもたちが喜ぶものはなにか、作家の方の思いはなにかに常に寄り添い、イベントやフェアなどを行っている。作家の方々からも顧客からも出版社からも絶大なる信頼を集める唯一無二の書店員ともいえる。

神保町は書店街だが、児童書専門書店としては一番の存在感を示す 写真提供/ブックハウス&カフェ

茅野さんに「地球に優しい絵本、SDGsを自然に学べる本を10冊選んでいただきたい」と依頼したところ、20冊以上のラインナップを提案いただいた。しかもSDGsにおける17の開発目標のどの項目が描かれているのかも表にまとめてあった。
そこから作家の方や版元の意向もお聞きしたうえで、珠玉の10冊が決定した。

10冊の読み聞かせ動画がアップされる「#えほんでみらいをかんがえる」特設ページはこちら

地球環境について考えるきっかけとなる
本を読む「母」たち

その10冊のラインナップと、読み手をつとめてくださった方々は以下の通り。選書理由や読み手の皆様の感想は、毎週金曜日に配信するインタビュー記事にてお伝えしていく。動画は3カ月~半年の期間限定配信のため、自宅で過ごす時間の多くなった今、是非とも名手たちの読み聞かせを楽しんでいただきたい。

『もったいないばあさん かわをゆく』2月1日(月)配信
(真珠まりこ・作/講談社)
大人気の「もったいないばあさん」シリーズの1冊。もったいないばあさんとぼくが川で見つけたものを追いかけてみると……。

寺島しのぶさんによる読み聞かせ動画はこちら!
『ピンク! パール!』2月5日(金)配信
(村上康成・作/徳間書店) 
村上康成さんの「ヤマメ三部作」の1冊。産卵のために川を上ろうとするヤマメの前に立ちはだかるのは、人間が作ったダムだった!

読み手:寺島しのぶさん 

撮影/山本倫子
てらじま・しのぶ 女優。1972年12月28日生まれ、京都市出身。文学座退団後、舞台や映画、ドラマに出演。2003年『赤目四十八瀧心中未遂』『ヴァイブレータ』で国内外の女優賞を受賞。2010年に映画『キャタピラー』で主演を務め、第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞にあたる銀熊賞を受賞し、『OHLUCY!』(18)ではインディペンデント・スピリット賞主演女優賞にノミネートされた。出演近作に映画『ヤクザと家族 The Family』(公開中)、待機作には映画『キネマの神様』(4/16公開予定)がある。
『いえいえ、そんなことはありませんよ』2月8日(月)配信
(シゲタサヤカ・作/非売品) 
『#NescafeOurPlanet』の一環としてシゲタサヤカさんが描きおろし。食料廃棄のことをシゲタさんワールドでコミカルに伝える。
山に木を植えました』2月12日(金)配信
(スギヤマカナヨ・作 畠山重篤・監修/講談社) 
吉川英二文化賞を受賞した養殖漁業家・畠山重篤氏監修のもと、山の木が海に、そして人の生活につながっていることをはっきり伝える。

読み手:中村仁美さん 

撮影/山本倫子
なかむら・ひとみ 1979年6月8日、大阪府生まれ、横浜育ち。2002年にお茶の水女子大学を卒業し、フジテレビに入社。2011年、人気お笑いコンビ「さまぁ~ず」の大竹一樹さんと結婚。2017年7月、15年間勤務したフジテレビを退社。現在、テレビ・ラジオ・イベント出演など幅広く活動中。2019年には厚生労働省より”上手な医療のかかり方”大使に任命された。2019年に第三子を出産、現在3人の男児の子育て中。FRaU webにて「騒がしくも愛おしい日々」を連載中。