日本のペット「多頭飼育崩壊」のヤバすぎる実態…保護された、犬たちのその後

犬たちよ、今、助けに行くからね

「多頭飼育崩壊」が頻繁に報道されています。実際に犬たちはどのような状況に置かれているのでしょう? 救助された犬たちは、そのあと、どうなるのでしょう?

およそ15年間で1000頭もの犬を救い、新しい飼い主へと命をつないできた女性がいます。奈良県在住の金本(かなもと)聡子さん(NPO法人LEY-LINE代表)です。

私(児童文学作家:沢田俊子)は、金本さんの活動を『犬たちよ、今、助けに行くからね』にまとめました。取材を通して見えてきた、犬たちの置かれている状況と保護活動の現実をお伝えします。

多頭飼育崩壊のレスキュー現場。

地獄からの救出劇

その日、金本さんは、三重県の繁殖場(ペットとして売るための子犬を生ませている施設)に来ていました。

マスクなしでは息もできないほどの強烈な臭い。

ドアを開けると無数にハエが飛んできます。糞尿の上に新聞紙をかぶせる。その上に犬たちが糞尿をする……を繰り返し、1メートルもの山になった不潔きわまりない床。

多頭飼育崩壊が起きた繁殖場で発見されたボルゾイ(『犬たちよ、今、助けに行くからね』より)
 

犬たちは、なにをされるのかとおびえ、うなり、逃げまわります。

蹴ったり、かみついたりして、なかなか保護できません。ケージの奥に逃げ込まれたら、体を突っ込んで引っ張り出すしかありません。顔や服が糞尿でどれだけ汚れようが、ハエにたかられようが、耐えて救い出すしかないのです。

他の支援団体と協力し、夜までかかって助け出したボルゾイ(※)は、45頭もいました。

※ボルゾイとはロシア語で「俊敏」を意味する言葉。そもそもは、猟犬としてロシア帝国の貴族に飼われていた犬種。

編集部からのお知らせ!

関連記事