テニス以外でも引っ張りだこ!

テニスプレイヤー・大坂なおみ選手の快進撃が止まらない。2019年から2年連続で「TIME」誌の”最も影響力のある100人”に選ばれ、昨年末には、米「VOGUE」誌 2021年1月号の表紙を飾った。

今年に入ってからは、世界的ファッションブランドのルイ・ヴィトンや、時計ブランドのタグ・ホイヤーが、ブランドアンバサダーに大坂選手の起用を発表するなど、テニス界だけではなく、あらゆるジャンルにおいて世界中から注目を集めている。

2020年USオープンで優勝トロフィーにキスをする大坂選手。[PHOTO]gettyimages

大坂選手は日本人の母親とハイチ系アメリカ人の父親を持つ23歳。16歳でツアーデビューし、その後プロデビュー。20歳の時に初めて全米オープン女子シングルスで優勝して以降、既に3度もグランドスラムを制覇してきた。

彼女の勝負強さや、技術だけでなくメンタル面においてもタフさを増していく姿が、いま、従来のテニスファンだけでなく多くのティーンエイジャーたちの心を掴んでいるという。