金正恩が文在寅に急接近へ…? photo/gettyimages

金正恩が「文在寅と急接近」シナリオが急浮上…“三重苦”で追い詰められた北朝鮮のヤバすぎる現実

異例事態…金正恩が「失敗」を認めたワケ

北朝鮮の最高指導機関である第8回党大会が5日から12日まで8日間開催された。これはこれまでで2番目の長さである。

今回の大会は2016年から約5年ぶりの開催である。1945年の党創建以来8回目であり、金正恩就任後2回目の開催となる。金正日総書記の時代には一度も開催されていない。今回の開催は北朝鮮が危機的状況にあり、失地を回復するための起爆剤であろう。

今回の党大会は、2016年の前回党大会で決めた国家経済発展5か年戦略の失敗に対する報告から始まった。金正恩氏は国家経済発展5か年戦略に触れて「掲げた目標は、ほぼすべての部門で甚だしく未達だった」と述べ、その失敗を率直に認めた。北朝鮮の最高指導者が失敗を認めることは極めて異例であり、それだけ厳しい状況に置かれているということである。

「失敗」を認めた金正恩 photo/gettyimages
 

北朝鮮はこれまで非核化措置と引き換えに米国主導による国連経済制裁の解除を引き出し、中国や韓国の投資を引き込む戦略であったが、米国との非核化交渉の決裂、トランプ氏の大統領選挙敗退、新型コロナなどによりこの路線で成果が得られる見通しは立たなくなった。

北朝鮮では新型コロナ感染はいないと豪語しているが、感染防止のため中国との国境を封鎖した。それによって昨年の中国との貿易総額は前年の4分の1程度に落ち込み、最低限の生活必需品や今年の農業生産に必要な肥料や殺虫剤の入手も困難になっている。