イキっていたら、フルボッコはOK!?

まずは息子に『FORTNITE』についての思いを聞いてみた。

「今、リアルでは友達と会って遊べないから、友達とやるFORTNITEは一番の楽しみ。めっちゃ弱いところから何度も負けまくって育てた自分のキャラは、『もう一人の自分』というか、今の僕の半分くらいを占める大事な存在。だからアカウントを消されるのはマジで困るし辛いんで、ホントに勘弁してください」と息子は言う。

そして昨日の「初心者のフリ」は、相手をボコって楽しむ目的ではないとも言う。

「配信動画みたいにボコられるのは、Twitterとかで『かかってこいや!』と煽って、自分のアカウント名をさらしてる子。僕はTwitterで友達としか絡まないし、そもそも超強くはない僕は、ああいうのと戦ったらホントにボコボコにされちゃうかもしれないから絶対、やらない。

昨日は、一緒に戦うチームにランダムに入ってきた人に『初心者なんです』って言っただけ。まだ始めたばっかりなのに、そこそこ強いと『上手ですね』ってホメてくれるのがうれしくて。いつも一緒にやってる仲間は、僕よりうまい子もいっぱいいるし、少しうまくなったくらいじゃホメてくれないから。たまには自分の成長を確認してみたいなって軽い気持ちで、つい初心者のフリしちゃったんだよね」

ド派手にワールドカップが開催されるほど人気の『FORTNITE』。写真は2019年のワールドカップのファイナルの現場。photo/Getty Images

ふむ……。「ボコって楽しむつもりだった」というのは、私の誤解だったので、早とちりしたことは息子に謝罪した。でもそれって、リアルな世界で例えれば、中2の息子が小学生のフリをして小学生とかけっこして勝つ的な、卑怯な行為な気もする……。

「でもさ、テレビでもお爺さんに変装したプロ野球選手が、草野球に飛び入り参加して特大ホームラン打つ、みたいなドッキリってやってるじゃない? 騙された人にネタばらししたあと、みんなびっくりするけど笑って喜んでるし。僕的には、ああいう感覚だったんだけど」

ぐぬぬ。でも何かすっきりしない……。では、動画サイトに上がっている「ガキボコ系動画」について息子はどう考えているのだろう。ひとまず一緒に、例の動画を見てみることにする。

「あ、こういうの前にも見たことある。確かに、ボッコボコにしてるけど、そもそも相手は『アジア1位』って嘘ついて、自分から対戦相手を募集してんだし。しかもめっちゃイキって、暴言吐いてるじゃん? それにさ、バトルゲームなんだから相手をボコって何がいけないの?」