息子も大ハマりしているゲーム『FORTNITE』

小中学生男子に大人気のゲームといえば『FORTNITE』だ。

-AD-

2017年に正式公開されるやいなや、世界中で大ヒット。2020年5月には、登録ユーザーが3億5000万人を突破し「eスポーツ」の代表格となっているオンラインゲームだ。優勝賞金3000万ドル(約31億2400万円!)という世界大会が行われたり、米津玄師や人気ラッパーのトラヴィス・スコットなど、若者に人気の有名アーティストがFORTNITE内でバーチャルライブを開催するなど話題性も盛りだくさん。

2020年4月末に開催されたトラヴィス・スコットのAstronomicalイベント。このときゲームに接続したプレイヤー数は1230万人以上にだったという。photo/Getty Images

パソコン、スマホ、PS4、Switchなどいろいろな端末でプレイでき、バトルだけではなく、かっこいいコスチュームやエモート(ダンス:BTSの『Dynamite』の振り付けなどもある)で自己表現できるのも、多くのプレイヤーの心を惹きつける。またバトルロイヤル以外にも、仲間でチームを組んで参戦したり、相手を選んで「タイマン勝負」ができるほか、MAPやルールを自由に設定できたり、鬼ごっこやかくれんぼ、謎解きなどが楽しめるモードもある。

我が家の中2の息子もご多分に漏れず、小6のころからFORTNITEを始め、現在もドはまり中だ。一応、15歳以上対象のゲームではあるものの、それ以下の年齢の子供もたくさん登録している。

今回、本腰を入れて調べてみるとバトル系ゲームが苦手な私も「へえ、おもしろそう」と感じる仕掛けや演出が盛りだくさんの、魅力的なゲームである。が、しかし……。