# 朝ドラ # おちょやん # ドラマ

視聴率低めの『おちょやん』、でも「新喜劇テイスト」が本当に素晴らしいんです…!

笑えて、泣ける
堀井 憲一郎 プロフィール

次週はこんどは千代が、父の借金取りに迫られ、それをご寮さんを始め、いとはん(お嬢さん)から朋輩(お茶子仲間)が団結して助けてくれる。借金取りとのやりとりに少し「笑ける」ところがあって、最後、お店どころか道頓堀中の人が千代ひとりを助けるために動いてくれたとわかって感動する。「ええ人ばっかりやん」とおもわずテレビに呟いてしまう。

そういう心持ちになるたびに、ああ、松竹新喜劇やなあ、とほんわりとしている。

 

おそらくこれからも、一週から二週単位で「笑ける話からちょっとええ話」へとの展開を見せてくれるのだろう。

「関西の新喜劇ふう朝ドラ」は、とっても楽しみである。

それにしても22話で、杉咲花が「ハゲづら」をかぶって、撮影所へ侵入しようとしていたのは、ちょっと見ものだった。それに対して「似合いすぎじゃ」と追い返す守衛役が松竹新喜劇の渋谷天外で、ここまで来るともう新喜劇的ではなくてドリフのコントのようで、しばらく笑いこけてました。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/