# ドラマ # 朝ドラ # おちょやん

視聴率低めの『おちょやん』、でも「新喜劇テイスト」が本当に素晴らしいんです…!

笑えて、泣ける
堀井 憲一郎 プロフィール

当時の松竹新喜劇といえば、藤山寛美だった。

彼の牽引する劇団であった。

大人気の喜劇役者である。

いま調べると彼は1929年の生まれだから、私が祖父母と見ていたとき、まだ30代の終わりから40になるころだったのだ。おもったより若い。でも小学生に役者の年齢が実感できるわけはない。

藤山寛美といえば「あほ」役であった。

「あほ」役を演じ、人気であった。何度見ても笑った。

そして、寛美の「あほ」役を見るたびに、一緒に見ている祖母は、大笑いしながら「この人はほんまはあほと違うで」と教えてくれた。小学5年生にもなれば、そんなことはわかってると言うのだが、やはり次に見ると、「ほんまはあほとちゃうのやで」と教えてくれるのである。

 

笑って泣ける人情芝居

吉本新喜劇は、いわば「コント」の連続のような展開だったが、松竹新喜劇はちゃんとした芝居であった。

明治生まれの祖父母が好きな芝居である。

笑って泣ける人情芝居だった。

この「泣ける」という部分が、子供にとって苦手だったのだ。

特に家族もの、親子もので泣ける人情芝居が展開されると、10歳くらいの子供にとってあまり素直に楽しめなかった。子供にとってまだ世界はそこまで複層的ではないからだ。少なくとも家族で一緒に見ているときに、家族の情愛を見せられても、子供だから反応に困る。からっとしている吉本に比べて、じめっとした松竹は、10歳の子供にとって苦手な芝居であった。