元欅坂46のセンター、平手友梨奈がソロアーティストとして初めてリリースした曲、『ダンスの理由』のMVが話題を呼んでいる。シャーマンの儀式のような世界観の中、まさに神に捧げるように全力で踊り続ける彼女の姿に、改めてその表現力の凄みを感じた人が多いようだ。

ときに憑依されているかのように、楽曲の世界観を全力で体現する彼女のパフォーマンスは、ダンサーの目にはどう映るのか。K-POPからジャニーズまで、さまざまなアーテイストのダンスを解説するYouTubeチャンネルが人気のダンサーのARATAさんに、平手友梨奈のダンスの魅力について聞いた。

スキルよりパッションが前に出ている人

「まず、骨格がきれいなんです。手足が長く動きも映える。そして、スキルよりもパッションが前面に出ている。パッションはパフォーマーとして何より大切なものですが、プロとして活動している方々で、スキルよりパッションを前に出せる人は少ないと思います。

それは、彼女が自分のダンスのレベルを分かっているからだとも思います。その中で最大限のパフォーマンスをしようとしているからこそ、自己表現が楽曲を飛び越える瞬間がある」(ARATAさん、以下同)

「ダンスのレベル」という言葉が出てきたが、ダンサーの人から見て、平手のスキルはどのように見えるのだろうか。

「正直、欅坂46の初期の頃はパワフルさをあまり制御できていないように見えたのですが、楽曲のコンセプト的には制御できていなくてよかったのかもしれません。その初々しさが平手さんのパフォーマンスの魅力にもなっていましたから」