photo by gettyimages
# 女子ゴルフ

韓国美女ゴルファー「ユ・ヒョンジュ」、成績は振るわずとも、“破格のスポンサー契約”が集まるワケ

大評判の「ユ・ヒョンジュ効果」

“次世代セクシークイーン”と呼ばれる韓国女子プロゴルファーのユ・ヒョンジュが、今年に入ってテーラーメイドとクラブ、ウェア契約したことが、国内で驚きを持って伝えられている。

テーラーメイドコリアのインスタグラムより

彼女は昨年、レギュラーツアーに出場。スタイルが際立つタイトなウェアでプレーし、時には初日から首位発進するなどして、メディアを沸かせていた。

インスタグラムのフォロワーも約29万人で、写真を投稿するたびに数万件の「いいね!」がつくほど、ゴルフ界での影響力は計り知れない。

しかし、そんな人気とは裏腹に2020年シーズンの結果は賞金ランキング109位と低迷。今季は下部ツアーが主戦場になるのだが、それでもスポンサードしたいという企業は多いという。

その理由についてスポーツ・芸能専門サイト「イーデイリー」は「独創的なファッション感覚で、衣料業界からスポンサードのラブコールが相次いでいる。ユ・ヒョンジュが試合の時に着るウェアは、すぐに売れると言われ、“ユ・ヒョンジュ効果”という言葉が出るほどだ」と伝えており、彼女を広告やCMに起用することで、売り上げに大きな効果があると評判だ。

 

また、同サイトは「その待遇も韓国女子ゴルファーの中では破格」と報じている。

「今回のテーラーメイドとの契約は、他の選手のメインスポンサーに匹敵する契約金と知られている。国内で活動するトップ選手といえども、ゴルフウェア企業から受け取る契約金が、億ウォン台(数千万円)を超えることは珍しい。契約金なしでウェア提供だけの選手も多い。

テーラーメイドはユ・ヒョンジュとの契約条件を公開しなかったが、最高水準の待遇と伝えた。以前、スポンサーから受け取った契約金などを考慮すれば、今回は少なくても2億5000万ウォン(約2370万円)以上で、成績によるインセンティブなども追加されたと関係者は予想している」