2021.01.14
# 恐竜

ティラノ軍団の分類を刷新する発見!長い鼻づらの「ピノキオ・レックス」

ティラノサウルス徹底研究 第10回
小林 快次, MOVE編集部 プロフィール

アリオラムスが亜成体ではない確たる証拠

この時代の江西省には、全長20メートルくらいの巨大な竜脚類ガンナンサウルスや、多くのオビラプトロサウルス類が棲んでいました。

発見されたキアンゾウサウルスは、たくさんのパーツが見つかっている「全身骨格」でした。頭骨も非常に保存状態がよく、面長なフォルムがよくわかります。

他のティラノ軍団一軍メンバーは、吻部(鼻先から眼までの長さ)が頭骨全体の6割くらいであるのに対し、キアンゾウサウルスは7割もあります。同じ大きさのタルボサウルスと比べると、吻部が35%も長いのです。面長の度合いは、あのアリオラムスに匹敵します。

アリオラムスは亜成体であるという仮説に対し、キアンゾウサウルスはほぼ成体で、体重も倍以上の757キロ。「面長=亜成体」という考えを払拭するには十分なもので、面長のティラノ軍団が存在していたことを示す、まぎれもない証拠となりました。

ちなみにもうひとつおもしろい特徴として、キアンゾウサウルスとアリオラムスはいずれも前後に長い骨を頭の上に持ち、鼻骨の表面がゴツゴツしていました。他のティラノ軍団にも、目の周りの骨(涙骨、後眼窩骨、頬骨)に角状の突起やイボ状の突起を持つものが少なくありません。

実はこれらはすべて、「オシャレ」のためなんです。飾りやコミュニケーションをとるための道具として役立ったとされ、キアンゾウサウルスとアリオラムスにしか見られない鼻骨のゴツゴツもまた、彼ら独特のオシャレだったのかもしれません。

さて、この研究でもティラノ軍団のメンバー選定(系統解析)がおこなわれています。その結果をまとめると次の通り。
 
・キアンゾウサウルスは一軍メンバー入り
・アリオラムスも一軍メンバーに復帰
・キアンゾウサウルスとアリオラムスは一軍の中でも独自の面長グループに属し、それをアリオラムス類と呼ぶ
・ビスタヒエベルソルは二軍落ち

つまりこの研究で、ティラノ軍団の一軍メンバーは大きく3つのグループに分けられることがわかりました。

スターメンバーとその予備軍
・ティラノサウルス(スターメンバー)
・ズケンティラヌス(スターメンバー)
・タルボサウルス(スターメンバー)
・ダスプレトサウルス(スター予備軍)
・テラトフォネウス(スター予備軍)

ズケンティラヌス

面長の一軍メンバー(アリオラムス類)
・アリオラムス
・キアンゾウサウルス
 
カナダの「スリム」メンバー(アルバートサウルス亜科)
・アルバートサウルス
・ゴルゴサウルス

アルバートサウルス

これまで知られていなかった「面長メンバー」がティラノ軍団の一軍に登場したことは、この研究の大きな成果と言えるでしょう。

* * *

次回『ティラノ軍団の巨大化はどのように起こったのか? 軍団員を一覧で紹介!』

〈小林先生監修&著書のMOVEシリーズ〉

『恐竜 新訂版』
2015年、2016年の最新の発見も網羅した、恐竜図鑑。画期的な羽毛恐竜クリンダドロメウスや飛膜をもったコウモリのような恐竜イー、2016年に発表された日本の恐竜フクイべナトルなど、最新情報がもりだくさん!
 
『恐竜2』
450万部の大人気学習図鑑シリーズを牽引する「恐竜」の最新研究を徹底紹介した図鑑が登場! ティラノサウルス徹底研究、最新恐竜図鑑 2016年から2019年に発見された主な恐竜を紹介。ほかの図鑑には掲載されていない恐竜も多数掲載!
 
『MOVEmini 恐竜』
最新の情報が豊富に掲載された、いちばん新しい恐竜図鑑! ポケットサイズながらも、美しいイラストや迫力のある写真で、臨場感あふれる恐竜図鑑になっています。2018年や2019年に発表された、ハルシュカラプトルやボレアロペルタ、バハダサウルスなどの新種の恐竜も掲載。
『はじめてのずかん きょうりゅう』
脳医学者がつくった「賢い子」を育てる 画期的図鑑の第二弾! ファースト恐竜図鑑として、おすすめです。肉食恐竜ティラノサウルス、スピノサウルスから植物食恐竜トリケラトプス、ステゴサウルスまで人気の恐竜を網羅。
 
『ぼくは恐竜探険家!』
「はやぶさの目」とよばれる、気鋭の恐竜学者・小林快次氏が恐竜学者としての道のりを、恐竜少年とよばれた少年時代から、「はやぶさの目」とよばれ、数々の大発見をなしとげるようになった現在まで、あますところなく語りつくしました。これからの恐竜研究恐竜学者にあこがれる子ども達の必読書です!

関連記事