photo by istock

大寒波で「電力不足」のピンチ…そのウラで「新電力」がヤバいことになっていた!

今週の「AI株価予報」で読む

「テレワーク」も電力需要逼迫の一因に

年越し、そして年明けと、日本は十年に一度レベルの大寒波に襲われている。

年末の北陸自動車道で長時間の立ち往生があったように、特に被害が大きいのは石川、新潟、福井など北陸地方だ。熊本や近畿地方などでも山間部では雪が高く積もり、三が日が明けてからも思うような身動きが取れない生活を余儀なくされている人が多くいる。

マドリードなど世界でも大雪に/photo by gettyimages
 

連日、最低気温氷点下の予測が全国的に続くなか、懸念されているのが「電力不足」の問題だ。8日には北陸電力や東北電力管内で一時99%に達し、全国で見ても90%を超過した状況が1月に入ってから続いている。

電力供給のパーセンテージを見ると、東日本大震災直後の「計画停電」で、連日電力使用率が報じられていたことを思い出す人もいるかもしれない。

寒さが厳しい地域では、生活維持を優先するために暖房器具は「付けっぱなし」にするのはもちろんだ。だが、もし電力需要が完全に供給をオーバーしてしまった場合、地域一帯が停電してしまう可能性も考えられる。

経済アナリストは次のように言う。

「緊急事態宣言によるテレワークのさらなる推奨により、該当都県では家庭用電力の消費量がさらに増加しています。フロアに人がいないからと言ってオフィスの電力を完全にゼロにするわけにもいかず、電力消費は大きくなっていくばかりです。

またそれに加えて老朽化した火力発電所の廃止、そもそも悪天候による再生可能エネルギーが稼働できないなど、複数の問題が絡んでいます」

編集部からのお知らせ!

関連記事