妻がマルチ商法にハマり、娘も含めて家族が崩壊してしまったという自身の体験から、マルチ商法に苦しんだ人たちの声も取材し、『妻がマルチ商法にハマって家庭が崩壊した僕の話』(ポプラ社)という一冊にまとめたズュータンさん。そこには、「マルチ商法にハマる」とはどういうことなのかが明確に記されている。金儲けをしたいと血気盛んになる一部の人だけではなく、誰にでにも起こりうる身近なことであることを教えてくれる一冊だ。前回はズュータンさんご自身の体験の一部を抜粋してご紹介したが、今回はズュータンさんが話を聞いた「マルチ商法二世」の女性の話を抜粋の上ご紹介する。

私が小4のとき、母は「信者」になった

2017年、もうすぐクリスマスという頃、蜃気楼さんというアカウントのツイートに目が止まった。
蜃気楼さんのツイートには、小学生のときに母親がX社にハマり両親が離婚したこと、その後、母親の借金で生活が苦しくなったこと、X社のサプリを強制的に飲まされていたこと、それが原因で自殺未遂をしたことなどがつづられていた。

マルチ商法会員の子ども、いわゆるマルチ商法2世の声だった。幼稚園の頃に別れた僕の娘も小学生になっている。
マルチ商法では、子どもたちがどういう思いをしているか、子どもの視点から語られることはない。僕にとって蜃気楼さんの声を聞くことは、離れて暮らす娘の声を聞くことのような気がしていた。

「母が本気でマルチ商法X社にのめり込むようになったのは私が小学4年生の時でした。小4の時からの想い出はX社一色です。苦しいことばかりだったけど、誰かに話してもわかってくれなかった。誰も私に手を差し出してくれなかった。X社の話をすれば私が嫌われてしまうから、友だちや身近な大人にも相談できず、自分ひとりで抱え込んでいました。

母がX社をはじめたきっかけは、母の弟、つまりおじさんからの紹介です。母はX社にハマるとすぐに、いろんな製品を買いはじめ、あっという間に家はX社製品で溢れかえりました。みんなを幸せにすると言い出し、ありとあらゆる知人への勧誘がはじまりました。
すると生活も一変しました。家庭が崩壊し、母子家庭となり、借金に苦しめられる毎日がはじまりました。それでも母はX社をやめることはありませんでした。そのことで私自身が病んでしまい自殺を図りました」

蜃気楼さんはいまは大人になり、話せるようになった(写真の人物は本文とは関係ありません) Photo by iStock