photo by GettyImages
# アメリカ

トランプよ、さらば…! 日本人は知らない「米議会占拠の真実」と「トランプの最期」

ケネディ暗殺を上回る「アメリカ民主主義の汚点」

2021年1月6日、アメリカの民主主義はすんでに破滅するところだった。ケネディ大統領暗殺を上回る汚点として、歴史に刻まれるに違いない。

photo by GettyImages
 

前日1月5日(火)、ジョージア州の上院補選で、共和党の議席だった2議席を両方とも、民主党が獲得した。まれにみる激戦で、開票98%になっても当確が出なかったほどだ。これで上院は50対50。賛否同数の場合は、上院議長のカマラ・ハリス副大統領が決する。上院は民主党が支配することになった。

明くる1月6日(水)は、議会で、大統領選挙の結果を確定する日だった。1月20日の大統領就任式の前の、最後の手続きだ。各州の選挙人の投票結果を、州ごとに確認していく。

「選挙は不正だ」「当選が盗まれた」「議会は選挙結果をくつがえすべきだ」と主張するトランプ大統領は、上院議長を務めるペンス副大統領が職権で、結果をひっくり返すよう圧力をかけていた。最後の悪あがきだ。でもこれに同調する共和党議員が大勢いるのだ。

下院で、選挙結果に対する異議を採決で判定したのは、アリゾナ州とペンシルベニア州の2州。共和党下院議員211人のうち 、アリゾナ州では121人、ペンシルベニア州では138人もが、選挙人の投票結果を「認めない」に票を投じた。上院でも12人の共和党議員が、「認めない」に票を投じるとみられていた。

関連記事