〔PHOTO〕gettyimages

深刻な緊急事態でも政治家が会食をやめられない「残念なワケ」

菅首相の限界も見えてきた…

新型コロナウイルス感染拡大により、一都三県に緊急事態宣言が発せられた。

飲食店に対しては午後8時までの営業時間短縮、酒類の提供も午後7時まで、また国民に対しては午後8時以降の外出自粛を要請しながら、政治家は「仕事柄」、会食等についても全面自粛とはならない。

どんなときでも「会食」も「コンパニオン入り宴会」もやめられない政治家たち。彼らはなぜそこまで「会食」にこだわるのだろうか。

会食で批判を受けた二階幹事長は「会食自粛令」を出した〔PHOTO〕gettyimages
 

「男芸者」の勝ち組たち

国会議員の会食について、自民党国対委員長の森山裕衆議院議員は「国会議員が全く人と会わないというのは無理がある。人数を決めておいたほうが分かりやすい」と述べていたが、結局、議院運営委員会でのルールづくりは見送られた。

国会議員は「人の意見を聞く仕事」であるから自然に会食という流れができる場合もある。全面禁止は実行しがたい、というのがその理由であろう。

しかし、言うまでもなく、会食しなくとも有権者や識者の意見を聞くことはできる。それを言うと今度は「議員は忙しい、どうせ三食食事はするのだし、その時間を有効活用しようと会食の機会を利用しているのだ」とくる。

ウイルスは晩だけ活動するというわけでもないし、万全の対策をとっていたとしても、罹患しない保証はない。飲食業ほかの国民に不便と犠牲を強いる以上は国会議員自らが範を示すべきだし、食事抜きの面談時間を確保できないはずはない。にもかかわらずこの期に及んで、「あえて」会食にこだわるのは、そこに政治家が「価値」を見いだす効能があるからである。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/