Photo by iStock
2021.01.13
# 親子関係

親からの暗黙のコントロールに人生を狂わされた4人の男女の修羅場

ベスト書再読『毒になる親』3
「毒親」という言葉をあちこちで見るようになってきたが、その元祖版と言っていいのがスーザン・フォワードの著書『毒になる親(Toxic Parents)』だ。翻訳版は1999年に毎日新聞社から出版され、2001年に刊行した文庫版(講談社+α文庫)はすでに発行部数が20万部を超えている。親の立場から考えると賛否両論もあるが、長く支持されて読まれ続けていることは間違いない。本書から、子どもをコントロールしようとし過ぎる親と、それに苦しむ子どもの事例を紹介する2回目をご紹介したい(1回目はこちら)。

はっきりとわかりにくい心のコントロール

直接的で露骨なコントロールと違って、一見ソフトなオブラートに包まれた間接的なコントロールははっきりとわかりにくく、しかし直接的なコントロールに比べて少しも劣ることなく有毒である。自分の望むことを直接はっきりと要求するのではなく、真正面から抵抗しにくいやり方で相手を自分の望む通りに動かそうとするのは、すなわち相手の心を操作しようとしているということなのである。

もっとも、自分の気持ちや望みを遠回しに表現するということ自体は、程度の差こそあれだれでも常にしていることであり、ノーマルな形で行われているかぎり「コントロール」といったようなことではない。

来客がいて夜遅くなったら、「帰ってくれ」とは言えないからあくびをしてみせたりする。「酒が飲みたい」と奥さんにいうのが気がひけるので「開いてるボトル、なかったっけ」などと言う。こういうことはまったくいけないことではなく、人間同士がコミュニケーションをとるうえでは正常で必要なことだ。それは親子のあいだでも同じである。

Photo by iStock
 

ところがこれを、相手をコントロールするための手段として、執拗に、過剰に使うようになると、非常に不健康で有毒なものになる。特に親子のあいだでは、小さな子供は親の本心がわからず混乱してしまう。自分が何かいけないことをしたのだろうと感じさせられ、だが何がいけないのかわからない。一方、子供がある程度以上の年齢の場合には、親の意向は明確に伝わり、真綿で首を絞めるようなコントロールのやり方に、子供はいいようのないフラストレーションと不快感を感じ、心の奥には怒りがたまっていく。