Robloxで使えるアバター/同社プレスキットより
# 企業 # ゲーム

日本人は知らない、「ゲーム業界」で続々誕生する「ユニコーン企業」のすごい実態

ゲームこそDXの最先端

『あつまれ どうぶつの森』やプレステ5など、ゲーム関連の大ヒット商品が続く、コロナ禍の日本。一方、アメリカやイギリスでも老若男女を問わず多くの人がゲームに熱狂しており、ゲーム関連の企業の成長も目覚ましい。
ゲームやeスポーツの新規事業開発支援などを行う経営アドバイザーの垣屋美智子さんが、ユニコーン企業が続々と生まれる世界のゲーム業界の最新事情を解説する。

日本では知られていない「ゲーム関連ユニコーン企業」

2020年、ユニコーン企業であるRobloxがIPO申請をしました。時価総額は直近2020年2月の資金調達の際が40億ドル(約4400億円)と言われており、それを上回る大型IPOとなりそうです。

「Robloxって何の会社?」と思われるかもしれませんが、アメリカとイギリスの9歳~12歳の子供の過半数がログインしていると言われているオンラインゲームプラットフォームです。

Robloxで遊べるゲームのイメージ(Jailbreak)/同社プレスキットより

毎日約3620万人のユーザー(その大半が小学生)が過ごしているそのプラットフォームには、私の子供たちももちろん含まれています。

Robloxのユーザー層/筆者提供
 

Robloxはなぜここまで人気のプラットフォームになり、なぜここまで小学生を惹きつけることが出来るのでしょうか?

それは、ゲーム会社がこれまで当たり前にやっていたことを、やらなかったからです。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/