映画『パラサイト 半地下の家族』オフィシャルサイトより

50代で退職、4人に1人が年金未加入…韓国「貧しい中高年」の悲痛な末路を『パラサイト』で読み解く

2019年のアカデミー賞で作品賞を受賞した映画『パラサイト 半地下の家族』が1月8日の金曜ロードショーにて放送される。大雨が降ると冠水するような劣悪な半地下住宅で暮らす無職の4人家族が、高台の豪邸に住む裕福な家族のもとに、家庭教師、運転手、家政婦として入り込み、寄生するというストーリーだ。

映画のホームページには、この対照的な2組の家族の集合写真が載っている。貧乏なキム家は全員が裸足であるのに対し、裕福なパク家はみな上品な靴で足を包んでいる。

映画『パラサイト 半地下の家族』オフィシャルサイトより
 

この写真からもわかる通り、この作品は韓国の格差社会と貧困層の実情を描いた作品として話題を呼んだが、実際には映画内で描き切れなかった社会問題も数多くある。その一つが、高齢者の貧困問題と未成熟な年金制度だ。

自営業者になるしかなかった…

半地下の家族も元は中産階級であり、生まれながらに貧しかったわけではないことが、映画を観ているうちにわかる。父親のギテクは事業を始めては失敗を繰り返した過去を持つ。2016年ごろに大流行した「台湾カステラ」の店を開き一発当てようとしたものの、すぐにブームは去り、廃業の憂き目にあった。

創業しては失敗する彼は、まさに韓国社会の縮図といえる人物である。経済協力開発機構(OECD)によれば、韓国は全勤労者に占める自営業者の比率が24.6%と、36カ国の加盟国のうち8番目に高い。ちなみに日本は10%(28位)で自営業者の比率が低い国である。

韓国国税庁の「2020年 国税統計」によると、2019年に新たに自営業者として登録した人は約117万人に上るが、同時に約84万人が廃業している。統計上では、同じ年に100人が開業すると同時に72人が廃業している計算になり、商売を続けられる自営業者は3割弱しかいない。