〔PHOTO〕iStock
# 老人ホーム # 高齢者施設

コロナ禍で「ヤバい対応する老人ホーム」、入居した人たちの悲惨すぎる現状

施設の選び方が変わってきた

親と面会できない

この年末年始は、コロナ禍で高齢の親が暮らす田舎に帰省すべきか悩む人が少なくなかっただろう。そんななか、新型コロナウィルス感染症以外の病気で病院(一般病床)に入院している親に面会できない家族は、もどかしい思いを抱えている。

東京都内に住むケイコさん(仮名・50歳)の母親(81歳)は今秋、誤嚥性肺炎で入院したが、病院から面会を自粛するよう求められ、2カ月以上会えない日々が続いているという。

「着替えを数日おきに持参しますが、病棟の出入り口で看護師さんに手渡すだけで本人には会わせてもらえません。母の様子を聞いても、『特に変わりはありません』と毎回同じ返答しかない。ちゃんと看てもらっているのか心配になります」

〔PHOTO〕iStock
 

新型コロナウィルスの感染拡大が続くなか、一般病床でも緊急時を除き家族らの面会が中止されている。なかには緊急事態宣言が5月に解除されて以降も面会が再開されない病院もあり、「このまま最期まで親に会えないのではないか」と不安を募らせる家族は少なくない。

コロナ第三波の到来で、病院だけでなく、高齢者施設でも面会を中止する例が相次いでいるが、「家族と会えない寂しさから涙する入居者もいます」と、都内の施設で働く介護職員は話す。最近は「いつになったら(親に)会わせてもらえるのか」といった苦情が家族から寄せられるようになっているそうだ。

厚生労働省は10月中旬、地域の感染状況などを踏まえ、面会制限の程度を施設の管理者が判断するよう通知を出したが、原則は、緊急のやむを得ない場合を除き制限するよう求めているので、厳しい措置をとり続ける施設はまだまだ見受けられる。

編集部からのお知らせ!

関連記事