Photo by iStock

コロナ禍…混雑する「税務署」に行かずに確定申告する「3つの凄テク」

詳しく解説します

毎年わかっていることなのに、どうしてもギリギリになってしまう人も多い確定申告。そして、提出期日に近づけば、近づくほど、税務署の窓口は混雑する。なるべく、人混みのなか税務署でただ待つだけの時間は過ごしたくないですよね……。

そこで今回は「税務署に行かずに確定申告する方法」として「e-Tax」「郵送」「税理士に委任」の3つを紹介したいと思います。

所得税の確定申告時期の税務署には、できれば近づきたくありません。私もかつては窓口へ赴いて提出していましたが、午前8時30分の開庁時間に行っても、すでにたくさんの人が並んでいます。うんざりして、思わずため息が出そうになりました。

それでもまだ還付申告ができる1月なら、比較的混雑は避けられます。しかし、どうしても確定申告の作業が終わらず、3月に入ってしまうという人が多いはず。

Photo by iStock
 

私も毎年、早めにとは思っていても、気づけば3月。ギリギリになってしまうんですよね。各取引先から支払調書が届くのが1月下旬でそれを待ってということも、提出が遅れる要因の一つではあります。

相談するまでに、1時間以上待たされることもある確定申告時期の税務署や申告会場。もし、税務署や申告会場に行かないで済ませられるのであれば、大きな時間の短縮になります。

編集部からのお知らせ!

関連記事