年収3000万円の開業医が青ざめた…妻と娘が下した「ヤバすぎる天罰」とは

数千万円のフェラーリが、まさか…
山村佳子

この日の調査内容を真紀さんに報告すると、どうやら思い当たる高額の引き落としがあったらしい。愛人とデートするためのフェラーリに使われたと知った真紀さんは唖然として声も出せず、同席していた詩織さんは「そのフェラーリをボコボコにしてやる!」と激怒していた。

私たちはフェラーリを追跡できるようにスポーツタイプのバイクを用意し、別日に再度浩二さんの行動を調査した。前回と同じようにフェラーリに乗り換えた浩二さんは、銀座で愛人と高級ランチを楽しみ、エンジンの音を誇らしげに響かせながら高速に乗って移動。湾岸線を疾走してベイブリッジを越え横浜方面へと向かい、有名な高級ホテルの地下駐車場に入った。

Photo by iStock
 

我々も駐車場に入り、フェラーリが見える位置で張り込む。浩二さんと愛人は車から降りて、ホテルへと入っていった。

詩織さんからは、「ホテルから出てくるパパを捕まえたいから、その時は連絡してほしい」という要望を聞いていた。本来であれば、相手の不貞を証明できる証拠を十分にそろえてから突撃することをお勧めしているが、真紀さんと2人で「どうしても不倫の現場を捕まえたい」と言うので、電話でホテルの名前を伝えた。

「駐車場に停まっているフェラーリは、その1台だけですよね?」

真紀さんに確認されたとき嫌な予感がしたが、場内をチェックして「そうです」と答えた。