Photo by gettyimages

話題の人、半沢淳一氏を直撃…!「マスク越しに一礼」の場面

ドラマとは真逆の人柄

上席13人を抜いての大抜擢

「半沢さんは、東京大学経済学部の出身で、企画畑を歩み、経営の根幹に関わってきた同行保守本流のエリートです。リーマン・ショックや東日本大震災への対応でも中心的な役割を担い、早くから頭取候補と見なされてきて、『次の次は半沢だ』と言われていました」(全国紙経済部記者)

昨年12月24日、三菱UFJ銀行が半沢淳一常務(55歳)を今年の4月付で次期頭取に昇格させると発表した。

堺雅人主演で昨年の9月まで放送されていた大人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の主人公と同姓のうえ、原作者の池井戸潤氏と半沢氏が三菱銀行の「'88年同期入行組」ということで、「半沢直樹のモデルではないか」と、ワイドショーでも取り上げられた。「モデル説」は池井戸氏自ら否定したものの、大きな話題となった。

TBSドラマ【半沢直樹』のwebサイトより引用
 

将来を嘱望されてきたとはいえ、半沢氏は上席13人を抜いての大抜擢。決め手になったのは「人柄」だという。