Image by iStock
# 新型コロナウイルス

100歳の女性はなぜコロナで死んだのか? 「真面目な高齢者」が次々に感染する理由

「GoToトラベル」に沸いていた列島の雰囲気は一変し、もはや「感染地獄」の様相を呈している。この状況に一番割を食っているのは、高い感染リスクを負っている高齢者にほかならない。

家でもマスク着用

日本における新型コロナウイルスの蔓延は、いよいよ危機的な水準に迫ってきた。

12月12日、全国の一日あたりの感染者が過去最悪の3000人を突破。以後も、連日にわたり、全国で感染者数が増え続け、もはや歯止めが利かない状態だ。

「数字を見る限り、政府が訴えていた感染拡大防止の『勝負の3週間』はまったく意味がなかったと言っていい」(予防医療学が専門の新潟大学名誉教授・岡田正彦氏)

コロナ感染が重症化に直結する高齢者は、政府の言いつけを守り、外出を控え、家の中でじっと息を潜めている。

Image by iStock
 

だが、そんな涙ぐましい努力をあざ笑うかのように、家庭でも介護施設でも、高齢者の「感染経路不明の罹患」が急増している。

「ウイルスがどこからやってきたのか、まったく見当がつかず、職員一同、途方に暮れています」

こう語るのは、90代の入所者の感染が発覚した、関東近郊の介護施設に勤める職員・Aさんだ。

Aさんが勤務する施設では、念には念を入れ、国が定めるガイドラインを超える厳格な感染防止ルールを運用してきた。