「痔」の患者の手術中、新人女性看護師を襲った「衝撃的な事件」

『オペ看』特別公開中!

患者の便が…

手術中の医師を様々な角度からサポートする看護師=「オペ看」の存在をご存じだろうか。

メスや鉗子など手術に使う器械を準備し、医師に手渡すなどの役割を担う看護師のことで、彼ら/彼女らの尽力があってこそ医師は手術に集中できる。きわめて重要な存在だ。

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、医師や看護師といった医療従事者への注目が集まった年だったが、私たちは意外にもそれほど医療従事者の人々の生きる世界をそれほど知らないという事実を突きつけられた。

とりわけ一般の人たちとは縁遠いのが、「手術室」のなかで働く医療従事者だろうが、「オペ看」もそうした手術室で働く専門職の一つだ。オペ看は、手術室のなかで、私たちが想像もつかないような経験をしている。

 

たとえば、あるオペ看は、痔の手術をするときに、患者がくしゃみをしたために、患者の便が付着した綿が飛び出し、顔についてしまうという「事件」を経験したという。

このエピソードは、オペ看を描いて話題のマンガ『オペ看』(原作:人間まお、漫画:ミサヲ)からのエピソードである。実際に手術室で働いていた原作の人間まお氏が、現職のオペ看への取材をしたうえで描かれた同作には、オペ看の様々な「リアル」が詰まっている。

コロナ禍では、一般の人たちが医療従事者にどれだけ「想像力」を持てるかが問われた。こうした作品から、私たちは医療従事者の生きる世界をリアルに想像できるはずだ。