「学校に意見を言ってしまうと『モンスターペアレンツ扱い』されるから何も言えない」という親たち。
「子どもの運動会のリレーのことまで口を出されて困る」という教員たち。
では、保護者と親とは「何も言い合わない」ほうがいいのだろうか。どうすればより子どもたちにとっても良い学校が生まれるのか。ジャーナリストの島沢優子さんが「親と学校が意見を思う存分交し合う」学校の取材を経て感じたことをお届けする。

-AD-

保護者からの過度な要求とは

退職する先生が増えている。
うつ病などの心疾患が原因で、2019年度に休職した公立小中高・特別支援学校などの教職員が全国で5478人、18年度に退職した公立学校教員が817人と、ともに過去最多だった。12月22日に文部科学省の調査で明らかにされた。

報道によると、文科省には学校現場から「残業が多い」「保護者からの過度な要求への対応で疲弊している」などの声が寄せられているという。
思えば、私自身も一度だけ担任の先生に意見し、泣かせてしまったことがある。この連載(あの子、マスク着けてません!日本の「自粛警察」を生む教育の闇)でもすでに書いたが、娘が小学4年生のときに廊下で給食を食べさせられた話だ。

担任が男児を指さして「君がクラスにいると、みんな迷惑だと思っているよ」と言った際に、娘が、なぜみんなが迷惑だと思っているとわかるのか、自分は迷惑だとは思っていないと発言したことがもとで、下校時まで廊下に出された。

「僕が授業しづらい」と訴える担任に、「子どもは先生の授業を成立させるために教室にいるのではない。娘は先生と異なるかもしれないが、自分の意見をぶつけているだけで聞いてあげるのが先生の役目じゃないのか」と意見した。泣いてしまった先生にとって私の意見は「過度な要求」だろう。けれど、私からすれば「当たり前の意見」である。

Photo by iStock