繊細な美少年がたくましい俳優に

それにしても……と、『天外者』を観ながら、しみじみ思った。
たった10数年の間に、三浦春馬は、なんとまあ、たくましい大人の俳優に変貌を遂げたことよ
……と。

映画の初主演作は2006年の『キャッチ ア ウェーブ』だ。
撮影時、春馬くんは16歳。まだ声変わりも途中のあどけない少年だった。
初主演の緊張や、心臓の鼓動さえ伝わってくるような、ひたむきな演技。
海の中でお守りのペンダントを握りしめ、「キャッチ ア ウェーブ」とつぶやいていた男の子。

人気の高い『君に届け』は、20歳の時だった。
サラサラの髪に、華奢な輪郭。
少女漫画から抜け出してきたような美少年だった春馬くん。

2011年、台北の映画祭で映画『東京公演』のプレスカンファレンスに参加した三浦さん Photo by Getty Images
-AD-

でも、『天外者』のスクリーンの中の三浦春馬は、別人のようだった。
あの線の細い美少年とは別人のように、骨太で、力強く、貫禄ある俳優がそこにいた

ここまでの成長を遂げるために、どれだけの努力を重ねてきたのだろう?
どれだけの覚悟を持って生きてきたのだろう?

20代の最後に撮影された『天外者』は、春馬くんの今までの「集大成」とも言える作品だ。
そして、同時に、新しいステージへの「はじまり」となるはずの作品だったのだと思う。