菅義偉首相[Photo by gettyimages]

ワクチンも五輪も不安だらけ…2021年、コロナが日本経済に与えるヤバい影響

「GoTo」に代わる新しい政策が必要

あらためて感じたコロナの恐怖

2021年が始まった。ことしも新型コロナの感染は続く。日本の政治や経済を左右する最大の変数は、新型コロナの動向である。欧米でワクチン接種が始まったのは明るいニュースだが、私は先行きを楽観していない。

コロナの怖さを象徴するニュースが年の瀬に飛び込んできた。立憲民主党の羽田雄一郎参院幹事長が新型コロナの感染で死亡したのだ。私は羽田氏と夜の席で何度かご一緒したことがある。コロナの感染が広がる前だが、元気で快活な様子が強く印象に残っている。

12月27日に亡くなった羽田雄一郎参議院議員[Photo by gettyimages]
 

野党の重職にありながら、話を聞いていて、まったく野党色を感じさせない政治家だった。勝手な想像ながら、私は与党の政治家としても十分に活躍できるどころか、もしかしたら、与党への移籍だってありうるのではないか、と思っていたくらいである。

まだ53歳と若く、将来もあった。実に貴重な政治家を失ったと思う。立憲にとっても、痛手だろう。心からご冥福をお祈りしたい。

驚いたのは、亡くなるまでの経過だ。昨年12月24日夜に発熱して、いったん熱が下がったが、27日に秘書の車でPCR検査に向かう途中「オレ、肺炎かな」と言った後、会話が途切れた。秘書が救急車を呼び、病院に搬送されたが同日午後、死亡したという。

直前まで元気とはいえないまでも、とても急死するような状態ではなかったようだ。本人も「まさか死ぬ」とは、思っていなかったのではないか。