2019年11月に発売されて以来多くの読者からの支持を集め、昨年6刷重版にまで至った人気レシピ本『なんとなく不調をととのえるスープ』の中から3日連続で、この年末年始のごちそうで負担のかかった胃にもやさしい、ホッとできる味わいのスープレシピをご紹介する本企画。

第2回目である今回お届けするのは、「免疫力を高めて病気に負けない体を作るスープレシピ」

「お正月太り」というキーワードをよく耳にするほど、毎年この時期になると普段以上に食べたり飲んだりしてしまう方も多いはず! 新年早々、心身ともに万全のスタートを切りたいところが、逆に胃に負担をかけてしまうなんてことも……。

-AD-

52品ものスープレシピが登場!
1冊の人気レシピ本に込めた著者の思い

『なんとなく不調をととのえるスープ』より/世界文化社

そんなお正月の疲れた胃にもやさしいスープレシピがなんと52品も紹介されているという本書には、実はそれに加え、スープと一緒に食べたい玄米・胚芽米の季節ご飯5品のレシピも盛り込まれているというから驚きです。

1ヵ月に1品というペースで作るとしても、余ってしまうほどのメニュー数ですが、著者である鈴木愛さんは1年を通してどのようにこれらのスープを暮らしに取り入れて欲しいと考えているのでしょうか?

『なんとなく不調をととのえるスープ』より/世界文化社

「何か不調を感じたとき、それに対処するための“特別なスープ”として取りいれることもできますが、おみそ汁のように“日常で気軽に食べてもらえるスープ”になれば、という思いがあります。

季節のお野菜をその季節に合わせてとることは、未病を治すことにもつながって、大きく体調をくずしにくくなります。また、野菜だけのスープなので体への負担も少なく、時々は食事をスープだけにするなど、疲れているときの心身のリセットにも良いと思います。できるだけ、簡単なものだけ、でもよいので気軽に取り入れてもらえたらうれしいです」

長野県にあるホリスティックリトリート「穂高養生園」で料理人を務めている鈴木さんだからこその、体に寄り添った思い。

新年を迎えたとはいえ引き続きコロナ感染拡大が問題になっている今、お正月の食生活の乱れで体調を崩すなんてことがないように、今回ご紹介するスープレシピで年始のうちに弱った胃をリセット! 免疫力をアップさせましょう!