\1週間、毎日1話配信/
『ニューヨークで考え中』DAY4
& 1巻まるごと無料配信中!

こんにちは。『ニューヨークで考え中』というコミックエッセイを描いている近藤聡乃と申します。2020年で渡米12年になり、日々のあれこれを描いたこのシリーズも3巻になりました。

今回は過去の連載の中から、年末年始のニューヨークの様子がわかるものをセレクトしました。年末年始の一休みにぜひ楽しんでください。

1巻まるごと読みたい方はコチラ>>>

-AD-

移動の途中で「家」が恋しくなる

この回を描いた頃(2016年)はまだ独身でしたので、家にひきこもりがちの私にも「彼(現在の夫)に会いに行く」という外出の機会がありました。しかし結婚して同居が始まるとそれもなくなり、元々なるべく家にいたい派の私はめったに「移動」しなくなり、最高の生活だなぁと思っていました。

ニューヨークは3月にロックダウンされましたが、外出を制限されること自体は全くつらくなかったのです。ただ、そのロックダウン真っ只中に水漏れ事故が起き、引っ越しを余儀なくされ、事故処理やその他の用事で元の家に通う生活が始まりました。この移動は、マンハッタンとブルックリンを跨ぐもので、地下鉄が一瞬地上に出るところでブルックリンブリッジが目の前に現れるのがドラマチックです。

9ヶ月間そんな移動を繰り返して、最近は「早く元の家に戻りたい」とブルックリンブリッジを見ながら思います。そして、結婚して3年半夫と暮らした家が、いつの間にか本当に私の「家」になっていたことを実感しています。家に戻れないまま2020年が終わろうとしていますが、来年は家に戻れるだけで良い年になりそうです。みなさまも今年は何かと大変だったと思いますが、どうぞ良いお年を。

1週間にわたり、『ニューヨークで考え中』の過去の連載の中から、いまの時期にピッタリのエピソードを近藤さんのコラムと共に毎日1話お届けする本企画。今回は近藤さんのはからいにより、『ニューヨークで考え中』の1巻まるごと、1月6日まで期間限定で無料公開します!

『ニューヨークで考え中』1巻まるごと、期間限定で無料配信中!
※2021年1月6日23時59分まで

↓表紙をクリック↓