2021年1月2日、いよいよ4年ぶりに新作のスペシャルドラマが放送となる『逃げるは恥だが役に立つ』。『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』はTBS系で1月2日21時より放送だ。

それに先立ち、2020年12月11日より24日まで「新垣結衣や星野源、石田ゆり子の言葉に救われた…『逃げ恥』好きな名言は?」と題して、『逃げるは恥だが役に立つ』1巻~9巻(2016年ドラマ化した部分)でビリビリきた言葉は?「あなたのベストオブ逃げ恥ワード」アンケートを実施。編集部で独断と偏見で原作本から選んだ20の言葉から3つ選んで投票いただくスタイル。13日間で366人の投票と、すべてのコメントをご紹介したくなるほどの熱い熱いメッセージが寄せられた。

一番数の集まった言葉は何だったのか。タイトルワードや萌えワードも登場した11位~6位までに続き、ベスト5を発表する。

ずきゅん以外の言葉が思いつかない

5位「もう僕にとってそんなに簡単に手放せるものではないんです」
(津崎平匡6巻29P)

みくりは「新婚旅行」の帰り道、突然キスをしてきた平匡にその後避けられて落ち込んでいた。そんなみくりに平匡は「システムの再構築が必要なんじゃないか」と提案する。「一度ちゃんと見直してみませんか。長く続けていくために」という平匡の言葉にほっとするみくり。「あ~シャットダウンされなくてよかった~」とホッとするみくりに語った言葉は、ずきゅん以外の言葉がみつからない!!

(c)海野つなみ/講談社『逃げるは恥だが役に立つ6巻

「めちゃめちゃずきゅんとしました!やはり率直な言葉は、心を射ぬきますね」(56歳・女性・会社員)

「こんなこと異性から言われたことない言われてみたい!」(22歳・女性・建築設計事務所スタッフ)

「どの言葉もキュンキュンするのに、意味が深くて考えさせられたり、なるほどと思ったり…ただキュンキュンするだけじゃなくて今生きる人たちが社会の中で感じる屈折した思いを拾い上げてくれるそんな言葉が逃げ恥には詰まってると思います」(19歳・女性・学生)

「平匡さんの気持ちの清らかさ、強さ、純粋さが、よくでていると思います」(53歳・女性・公務員)

「言われたら嬉しいなぁと思う言葉」(39歳・女性・会社員)

「恥ずかしくて言えない事でも、ちゃんと言葉にしないと相手に伝わらない。なかなか気持ちを伝えられなかった平匡さんが、みくりさんと出会ったことによって変わっていくところがほんと素敵で、『簡単に手放せるものではない』という言葉にキュンキュンしました」(47歳・女性・専業主婦)

「平匡さんに撃ち抜かれたシリーズを選びました。無表情だった彼がどんどん感情を表し、オス感が出たあと、人として対等で支え合うことの意味を見つけ出していく様が見事でした」(47歳・女性・パート主婦)

「大切な存在で有ることをきちんと伝えられるのは、日々過ごしている中で想っているからこそだと思う。偽りのない想いが集約されている」(32歳・男性・会社員)