逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』(TBS系)が2021年1月2日夜9時からいよいよ放送となる。2016年10月~12月に放送された連続ドラマから4年、待ちに待った「続編」となるスペシャルドラマだ。

海野つなみさんの原作マンガ『逃げるは恥だが役に立つ』は、2012年から2017年2月号まで「Kiss」で連載。ドラマ化に際しては、新垣結衣さんと星野源さんはじめ、石田ゆり子さん、古田新太さん、大谷亮平さんなどの素晴らしいキャストに加え、演出に金子文紀さんや土井裕泰さん、石井康晴さん、脚本・野木亜紀子さんという超豪華。星野源さんの主題歌「恋」とともに「恋ダンス」も一大ブームとなった。

今回スペシャルドラマとして放映されるのは2019年から「Kiss」で連載が再スタート、2020年夏に終わったみくりと平匡の「その後」の話となる(10巻と11巻とで完結)。

本作の特徴の一つは、原作もドラマもそれぞれに最高のパフォーマンスを見せ、独立してみても十分面白いのに、マンガとドラマと合わせて楽しむとその楽しみが倍増するということ。「奇跡の実写化」と言われる本作の1月2日のスペシャルドラマ放映を記念し、原作者の海野つなみさんと、脚本家の野木亜紀子さんのスペシャル対談が実現!

1月1日に公開された記事「海野つなみ×野木亜紀子「今だから語れる2016『逃げ恥』ドラマの裏側」」で語られた2016年ドラマの裏話に続き、本日放映のスペシャルドラマが、4年以上たった今実現した背景をお話しいただく。

『逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!』より
念のためのおさらい:『逃げるは恥だが役に立つ』大学院で心理学を学び、臨床心理士の資格も持っているが就活で全滅。職ナシ彼氏ナシ居場所ナシの森山みくり(新垣結衣)が、「プロの独身」サラリーマンの津崎平匡(星野源)と「契約結婚」をする。その「契約結婚」をめぐり、みくりの伯母であり、独身キャリアウーマンの百合ちゃん(石田ゆり子)や平匡の同僚・沼田(古田新太)、風見(大谷亮平)やみくりの友人のやっさん(真野恵里菜)などそれぞれの立場での、結婚・恋愛・仕事・お金・孤独など様々な悩みや喜びも描き出される。(原作1巻~9巻)

パロディは余ったページの穴埋めだった

――海野さんは2016年のドラマのお話をした際、1巻から9巻にはパロディが多く、ドラマではそれをいかに再現するのかが楽しみだったともおっしゃっていましたね。ただ、続編の10巻11巻はパロディが少ないですね。

海野つなみ(以下、海野) そうですね。そもそもパロディはページ数が余ったときに穴埋めするために使っていたんですけど。

野木亜紀子(以下、野木) え、そうだったんですか?

海野 作品としては契約結婚をしたあとの物語を描きたかったので、第1話で結婚までもっていきたかったんですよ。でも、そこに至るまでの道筋をいちいち説明すると1話に入らなくなるので、パロディを交えてわかった気にさせてしまおうとしたんです。怒られるかなあと思っていたら何も言われなかったので、それからページに困ったら穴埋めで使うようになりました。

ただ、ドラマを見ていると、深刻な場面でもパロディが入ることで見ていられるんだなというのを感じました。特に後半は社会的な話が多くなったので、喋っているだけだったら見ている方も辛かったかもしれないけど、そこをパロディでつなぐのはうまいな、と。意外な形でパロディが功を奏していた。

野木 たしかにそうですね。私、パロディだったらヒーローインタビューのシーンがすごく好きで。

海野 あれは羽生くんの試合後のインタビューをYouTubeで見ながら描いていました。

野木 そうだったんですね。初耳!

(c)海野つなみ/講談社『逃げるは恥だが役に立つ』5巻より