経済政策、コロナ対策、総選挙…激動の年を越え、2021年の菅政権はこう動く

垣間見えた「ガチンコ議論」にヒントが

激動の1年を振り返って

今年はコロナ禍に端を発し、五輪の延期や安倍首相の辞任、米大統領選のバイデン氏「勝利」など激動の1年だったことは言うまでもない。今年を振り返るとともに、2021年の展望を考えてみよう。

筆者は年頭の講演などで、「今年はねずみ年で東京五輪の五輪年だ。政界のジンクスであるが、ねずみ年と五輪年には政変が多いとされている。ねずみ年と五輪年での首相交代の確率は偶然としても高い」と触れた。安倍氏の周辺からは「悪い冗談はやめてくれ」といわれたが、まさに当たってしまった。

米大統領選は、コロナ次第だがトランプ氏が苦しいとも書いてきたので、予想屋としてはまずまずだった。

2人とも退場することに…/photo by gettyimages
 

経済では、昨年10月消費増税による景気後退、今年1月のイギリスのEU離脱、米中冷戦の始まり、文政権による日韓摩擦等を予想していたが、それはほぼ予想通りだった。しかし、その上に、まさかのコロナ禍があり、世界経済は戦後最悪になった。

さすがにコロナはまったく予想できなかったが、ウイルスが拡大していなかったとしても、経済はあまり良くなかっただろう。五輪は中止にならなかったのが不幸中の幸いであり、延期もやむを得なかった。

今年は苦しい年だったが、第1次から3次補正まで、政府はほぼ100兆円くらいの財政出動を行ったのは、不幸中の幸いだった。

筆者は、安倍前首相から5月ゴールデンウィーク前に連絡を受け、そのとき、「政府と日銀の連合軍」を強く主張した。コロナショックは、サプライチェーンを寸断するものの、旅行・外食などの需要を消滅させるため、基本的には需要ショックになる。