教育は、変えられるーー授業改善ではなく、学びの構造転換を!!

自立と共生のための「学び」の在り方
山口 裕也 プロフィール

さらには、公教育自体の構造転換へ

けれど、誤解のないよう、言っておかなければならないことがあります。それは、学びの構造転換が、あくまでも「始まり」にすぎないということです。

学びは、先の事例からも明らかなように、先生をはじめ、その支えとなる「人」がいて、初めて充分なものになります。学び手にもその支え手にも、活動のための「場」が必要なことは言うまでもありません。さらに、「学び」と「人」と「場」を全ての子どもが確実に得られるようにするためには、国や自治体などの「公的な機関」が必要です。

そう、教育をよりよく変えるためには、学びの在り方を変えるだけではダメなのです。

別の言い方をすれば、全ての子どもの学びの在り方を望ましいものに変えるためにこそ、その支えとなる人や場、公的な機関が必要になるのです。

では、人や場、公的な機関は、一体、どうあればいいのでしょう。現在の在り方の、どこに、どのような問題があって、どのように変えていけばいいのでしょうか。

拙書、『教育は変えられる』は、こうした疑問に答えるためにこそ書きました。

その一番の趣旨は、公教育政策の「全体」を「順序よく」考えていくことです。

それゆえ本書が掲げる最終的な目標は、「公教育の構造転換」です。本書では、杉並区教育委員会の取組を事例に、基礎自治体の義務教育政策において教育をよりよく変えるための「考え方」を示しており、学びの構造転換は、その「最初の一歩」として提案しています。

「教育は、変えられる」。

教育を変えていく道程は、きっと、険しいものでしょう。個人には個人の、学級には学級の、学年には学年の、学校には学校の、地域には地域の、あるいは教科には教科の・・・といったように、それぞれが、それぞれの道を歩かなければならないからです。

けれど、教育をよりよく変えるための考え方さえあれば、どんな道であっても、必ずその考え方が「ガイド」になってくれます。自分に必要な「やり方」を、自分たちでつくり出すための「支え」になってくれるのです。

Photo by iStock

本書が、みなさんのガイドや支えとなり、かつ、考え方を知って身に付けた人たち同士を「つなぐ」ものになれば、著者として、これに代わる喜びはありません。

そのとき、教育は、もう、変わり始めているはずですから。

子どもも、先生をはじめとした大人も、誰かに「管理」されなくたって、自分のことを自分で選び、自分たちのことを自分たちで決めて、しっかりやっていくことができる。

それは、ひいては、自分たちの生きるこの世界を、自分たちの手でよりよくしていくことにつながる。いや、むしろ、そこに「自由」があればこそ――。

だから、私は、今、こう確信しています。

「教育は、変えられる」。

関連記事