貧乏旅をしながらほぼ世界一周した様子を綴ったベストセラーエッセイ『ブラを捨て旅に出よう』の著者で旅作家の歩りえこさんが、世界各地で知り合った男性とのエピソードを綴っているFRaU web連載「世界94カ国で出会った男たち」(毎月2回更新)。

今回は、エベレストがあるヒマラヤ山脈で知られる「ネパール」を訪れたときに、たまたま入ったレストランで出会った、日本に関心のある男性とのお話。その男性の母親との暮らしぶりを見て、家族や暮らしについて改めて気づくことや考えることがあったそう。

歩さんの今までの連載はこちら▶︎

いきなり超絶イケメンが現れる

インドで過酷な旅をした後にネパールを訪れる者は「癒しのネパール」と表現することが多い。灼熱のインドから涼しさと癒しを求めて、首都カトマンドゥへとやって来た。インド滞在で続いた下痢のおかげで身体が衰弱しており、胃腸が弱いタイプの私は保養できる土地に移動したかったのだ。

ヒマラヤがあるネパールは涼しくて、インドのように暑さで目覚めることもなく……ぐっすり眠ることができて身体が楽だ。毎日インドカレーを食べ続けていたので、日本の味が恋しく……カトマンドゥにある日本食レストランを探して行くことにした。

世界各国から旅行者が訪れるカトマンドゥでは世界中の料理を激安価格で食べることができるのが有難い。日本食の定食はお世辞にも美味しいとは言えなかったけれど、味噌汁・メインのおかず・ご飯・小鉢を100円ほどでお腹いっぱい食べることができた。

店には2人の店員がおり、フロアには元サッカー選手の中田英寿さんによく似た顔立ちをした若い男性がおり、もう一人は私が定食を完食する頃に奥の洗い場からひょっこり出て来てこちらにやって来た。その瞬間、私は思わず飲んでいた味噌汁を吹き出しそうになった。

凄いイケメン……。どこの国にも超絶イケメンは存在するけれど、ネパールにもこんなイケメンがいるんだな……。暫くその端正な顔立ちを見つめていると、その彼は英語でこう言った。

僕の名前はラーメン(仮名)。もうすぐ日本に留学します。最初は東京の福生っていうところに住んで日本語学校に通って、その後大学受験するので良かったら連絡先を交換して日本のことを色々教えてくれませんか?」

これまで話したどのネパール人よりも英語が上手く、何より美しい顔立ちに吸い込まれそうになった。日本でアイドル的人気を誇る俳優レベルで、連絡先を交換しない理由が見当たらないほどの美男子だ。

「日本語を教えてくれる日本人のカノジョが欲しい」

カトマンドゥの民家を訪問。ネパール人はシャイながらも人懐っこい性格で相手に与える印象がとてもマイルド。笑顔で話しかければ、ムスッとした顔で答える人はいません。写真提供/歩りえこ