絵本『えんとつ町のプペル』より

話題の映画『えんとつ町のプペル』に抱いた「強烈な違和感」

仮想敵を軽んじ、主人公たちに成長がない

しばしば物議を醸して炎上しているお笑い芸人で絵本作家のキングコング西野亮廣が原作・製作総指揮・脚本を務め、『マインドゲーム』『鉄コン筋クリート』『海獣の子供』などで国際的に高い評価を得ているSTUDIO 4℃が制作した3DCGアニメーション映画『えんとつ町のプペル』が2020年12月25日に公開された。

絵本から大幅にシナリオが加筆されていたのだが、この加筆によって、より西野の思想の問題点を露呈させる作品になっていた。

(本稿は作品のネタバレが入ります。あらかじめご了承ください)

 

絵本&映画『えんとつ町のプペル』とは

原作絵本は2011年頃に西野が着想を得て、14年夏に本格的な分業体制構築の準備に入り、クラウドソーシングとクラウドファンディングを使い、15年春から分業でイラストパートを製作を再開し、16年10月に幻冬舎から刊行、20年12月現在部数は57万部。
映画パンフレットによれば、絵本刊行と同時期の16年秋にはプロジェクトが動き出し、Vコンテ(ビデオコンテ。実際の作品と同じ速度で作品が進行する、映像の設計図)の最終版が完成したのは2019年末。

映画の監督は、伊藤計劃原作のSF小説を映画化した2015年公開のアニメ『ハーモニー』で演出を務めた廣田裕介。閉鎖空間のディストピアからの解放を描いた作品という意味では『ハーモニー』と『プペル』は通じるところがある。

はじめに断っておくと、筆者は西野のアンチではない。かといって西野が主宰するオンラインサロン(会員数7.1万人)「西野亮廣エンタメ研究所」の会員でもない。

彼が本で書いていることの7割くらいは間違っていないと思っているし、お笑い芸人としての輝かしいキャリアを捨ててまったく別の道を切り開いていった表現力・行動力は素直に称賛を送りたいと思っている。

ただたとえば絵本『プペル』の販売戦略として「絵本をウェブに無料公開する」ことを「画期的」「自分がやったことでほかにも広まった」と吹聴することに対しては、西野より先に絵本ナビがやっていたし、無料公開のウェブ小説を書籍化することは何も珍しくなく、その主張はまったくの間違いだと書いてきた。

ようするに西野の主張や作品に対しては是々非々で捉えてきたし、今回の映画に対するスタンスも同様だ。

 

集団全員を危険にさらす行動をためらわないルビッチ

絵本から映画になるにあたって加筆修正が加えられているが、これが問題含みなのだ。

絵本から何が変わっていて、どこがまずいのか?

絵本のストーリーは、町中に無数に立つえんとつの煙でいつも薄暗くて星も見えない孤島の町にハロウィンの日にゴミ捨て場に落下してきた塊が周りのゴミを吸い付けてゴミ人間のプペルをつくる。ゴミの化け物で悪臭を放つプペルを町の人びとは嫌悪するが、町の外の世界や父が話していた星空の存在を信じている変わり者の少年ルビッチだけは理解を示し、ふたりは飛空船を使って分厚い雲の上まで飛んで星の輝きを目の当たりにする――というものだ。

映画ではプペルとルビッチだけが星空を見るのではなく、彼らが空に登ったあとで大量の火薬を爆発させることで雲を消し飛ばして町の人びと皆に星空を目撃させ、「星なんてない」という迷信の誤りを知らしめる、というのが最大の変更点になっている。

これの何がまずいのか?

 

映画版では、えんとつ町がなぜ煙の町になったのかという背景が明かされる。

えんとつ町は特殊な経済原理を導入したコミュニティであり、外界から発見され、交流を持ってしまうと、外側から迫害されたり、制度を変えさせられてしまうかもしれないがゆえに、あえて閉じていたのだ、と。

ルビッチはこの話を聞いてなお、町の外側の存在を住民に知らしめることを一切ためらわない。

また、星空を見たえんとつ町の為政者たちは「煙を止めろ」とあっさりルビッチの行動を認める。

これには驚いた。

 

よそから見つからないように、また、住民が外に出て町の存在を吹聴しないように煙幕を張り、迷信が流布されていたはずなのに、町全体を危険にさらす行為をすることに主人公はなんの躊躇もなく、体制を護持してきた側はなんのお咎めもしないのである。

だったらはじめからオープンにすればいいではないか。

設定が破綻している上に、絵本版が持っていたメッセージを、より尖った、危険な方向に拡張している。

西野はこの作品を自分をモデルにしたものだとくりかえし語り、「夢を持つと笑われる社会を変えたい」「やってみないとわからないことを否定するな」とことあるごとに語っている。

絵本版では星空の存在を知るのは、バカにされてもめげずに夢に向かって努力するプペルとルビッチだけ、つまりその行動がもたらす結果は個人に閉じているから別によかった。

 

しかし、映画版は集団全体の命運を左右することを軽はずみにルビッチが実行する話になっている。

たとえば集団の構成員が足並みを揃えた行動をしないと封じ込められないのが新型コロナウイルスである。この映画は「みんなコロナで閉塞感を抱いているが、本当はコロナなんてたいして怖くない、みんな騙されている。俺はそんなの無視して行動する!」というような陰謀論と衆愚論、蛮行のセットと非常に親和性が高いものになっている。

他人から「無理だ」と言われても夢を持ったりチャレンジしたりするのはかまわないが、集団全員を危険にさらすことになんのためらいも抱かない無自覚なテロ行為を安易に称賛する話になっているのはいただけない。

 

内面や敵との対話がないから成長もない

西野は映画公開に先立ってインタビューでこう語っている。

アウトローを描いて熱狂を生むのって、比較的簡単なんですよ。少数派にターゲットを絞って、「迫害される俺たち」っていう物語を作るのは簡単なんですけど、マスを完全に押さえた上で7割くらいの人たちから支持されるほうが難易度が高いな、と。アウトローで支持を得るために、「あれは敵だ」っていう仮想敵をつくってきたんですけど、コロナがきっかけでサロンメンバーと膝を突き合わせてしゃべるようになってから、メジャーになるためには誰かのことを切り捨てちゃ駄目だなと思うようになった。世界で戦っていくためには、これまで仮想敵にしてきた人たちのことも巻き込まないと駄目だなと思うようになったのは、コロナの影響が大きかったですね。(『別冊カドカワ【総力特集】西野亮廣』(KADOKAWA、2020年、168p)

ゴミ人間とその擁護者が迫害される物語は、西野とそのファンの比喩だが、もはや被害者ヅラして結束を固めるフェーズにはなく、外に開いて今まで自分たちをバカにしてきた側も巻き込まなければならない、と西野は語っているわけだ。

しかし、映画のシナリオとコンテが確定したのは19年末、つまりコロナ禍以前だから仕方ないのかもしれないが、映画『えんとつ町のプペル』は「仮想敵を巻き込む話」にはなっていない。

この作品では、攻撃してくる間違っている人間(敵)と正しい理解者(主人公サイド)が二分されており、敵側が主人公たちの正しさを知ることはあっても、ルビッチたちは町が閉ざされた理由を知ってなお、そうした心情に思いを馳せたり、敵から学ぶことはない。

 

ルビッチやその父親は誤ることのない無謬の存在であり、敵側とされる異端審問官たちは自らの主張を語り、ルビッチとぶつけ合う機会すら与えられない。映画『プペル』は仮想敵側に語らせすらしないから、そこには対話がない。

「皆が間違う存在であり、しかし、誤りを通じて成長できる」あるいは「第三者には間違っているように見えても、誰もがその個人の主観では合理的だと感じる振る舞いをしている」という観点がないのだ。

「正しく、勝つべきなのに迫害されているこちら側」と「いずれ引きずり下ろされるべき存在」という優劣を孕んだ二分法があり、その線引きが揺らいだり、覆ったりすることがない。

絵本版と比べて映画版は、バカにされている弱者に寄り添うことより、バカにしてくるバカどもに真実を知らしめることに重きを置いた作品になっている。

ようするに仮想敵を軽んじている――そしてそれゆえにプペルやルビッチはほとんど成長しない。

 

この作品では、ルビッチやプペルがどこかから落ちそうになる、何かぶつかりそうになるといったハラハラする展開はあるが、それらの大半はプペルやルビッチの心理的な葛藤や障害とは紐づいていない。

つまり、たんに身体的なピンチばかりが起こり、そうした物理的なコンフリクトを乗り越えることは、主人公たちの心理的な変化・成長と関係がない。

ルビッチたちは自らの内面の弱さや危うさと真剣に向き合うこともなければ、敵側の主張や行動とわたりあうことで何かを学ぶこともないのである。

本作とそのファンのことを「宗教」と呼ぶ声がSNS上では目立つが、それは宗教、とくに伝統宗教に失礼だろう。

キリスト教にしろ仏教にしろ、支持者だけでなく苛烈な批判者にも耳を傾け、誤りの指摘は受け入れて自らを変化させ、自分たちの価値を再定義することで今日まで生き残ってきたのだから。

映画『えんとつ町のプペル』には対話もなければ葛藤もない。

集団を危機にさらすリスクがある行為だとわかっていて何もかえりみることなく、それが正しいと信じて突き進むまっすぐでピュアな主人公を描いた、テロリズム肯定映画である。

 
編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/