〔PHOTO〕iStock

深刻なコロナ危機のウラで、中古マンション市場が「過去最高」を叩き出しているワケ

なぜマンション価格が上がり続けるのか

コロナ禍で多くの業界が苦境に追い込まれるなか、中古マンション市場が例外的に熱く盛り上がっている。

成約件数は毎月のように過去最高を更新し、価格も前年同月比5%以上の上昇が続いているのだ。

コロナ禍にもかかわらず、なぜこんな現象が起こっているのか、いつまで続くのか――。

 

中古の成約件数は「過去最高」

「先高感から売り惜しみ現象が起こっている」「物件が出ればすぐに客がつくのに、売り物件が出なくて困っている」などと嘆く不動産仲介会社の営業担当者が多い。それほど、首都圏では中古マンション市場が熱く盛り上がっているのだ。

それを裏付けるデータが図表1。

図表1 首都圏中古マンションの成約件数と成約価格の推移
(資料:東日本不動産流通機構『月例マーケットウォッチ』)

これは、首都圏の中古マンション成約件数と成約価格の推移を示している。

成約件数は、新型コロナウイルス感染症の影響拡大が深刻化、緊急事態宣言が発出された20年4月には、3月の成約件数3642件から1629件に、5割以上の減少となった。ほとんどの不動産会社が営業を自粛したのだから、それも当然のことだろう。5月もやはり大きく落ち込んだままだったが、6月から急速に回復した。

8月には3053戸まで増加。グラフではさほど増えているように見えないが、実は例年8月はお盆休みなどもあって、成約件数が大きく落ち込む。そのなかで、20年8月はさほど落ち込むことがなく、調査に当たった東日本不動産流通機構(東日本レインズ)では、「8月としては1990年5月に機構発足以降、過去最高となった」としている。

9月以降も10月の成約件数が3636件で、やはり東日本レインズ発足以降の最高を記録して、続けて11月もやはり過去最高を更新した。