どんな大野くんでも応援する

それぞれのコメントからは、大野に対する強い愛、尊敬、また人によっては大きく救われていることも伝わってくる。しかし他の嵐メンバーが2021年以降もソロで活動を続けていくのに対して、大野だけは芸能活動を一時停止することを表明している。大野ファンはいわば心の支えを失うかもしれないわけだが、自分の中でどう折り合いをつけ、2021年以降をどう過ごしていこうと考えているのか、そこについても聞いてみた。

◆大野が芸能活動休止を望んだことに対して

「彼が疲れてしまっているのなら、無理に続けることではないと思っています。他の仕事もそうですけど、とくにエンタメは『やらされている』状態だと隠しても隠しきれないし、見ているほうも辛いですから」(30代女性)

「大野くんだから、と思っています。SMAPやTOKIOの活動年齢を考えればまだまだ見たかったけど、充分走ってくれた!と感謝しています」(40代女性)

「活動休止発表を聞いたときは、驚くとともに『ああ、やっぱりそうだよね』と腑に落ちたのを覚えています。だって1つの仕事を続けているうちに、あっちの世界はどうなんだろうとか、自分の将来どうなるんだろうとか、そりゃ思うよね。みんないろいろ悩みながら年を重ねるわけで、それが嵐ならない、なんてことにはならないよね。ということで大野くんの『嵐としての活動を終えたい』という想いに、逆に人間らしさも感じて。もう大野くんのあの伸びやかな歌声もしなやかなダンスも見れないのはとてつもなく寂しいけれど、まずはこれまでに感謝し、新しいスタートに拍手したい気持ちになった発表でした」(30代女性)

2013年の日テレ『24時間テレビ』のチャリティーで大野が制作したTシャツ。買ったまま開封されていない。写真提供/嵐ファンTさん(30代女性)
-AD-

◆今後のこと

「私は大野くんのパフォーマンス至上主義なので、最新版が見られなくなるのは当然悲しいですけど、DVDを再生すればいつでも見られますから。だからこそラストコンサートはしっかりした形で完全保存版で、なるべく早く出してほしいです!!!!!」(30代女性)

「今までのライブパフォーマンスとか見直してしのぎます。その間に、何か楽しいことを企画して復帰してくれたらいいなと、正直まだ期待している。。。」(30代女性)

万が一将来5人で戻ってくることがあるのなら、大野くんは他の世界を知ってパワーアップしているに違いないので、楽しみでしかないですし、またきっと全力で応援します」(40代女性)

大野の心境を理解こそすれ、「彼のせいで……」などと恨めしく思っているファンは、アンケートを見た限りでは一人もいなかった。そして皆、大野が違う世界で様々なものを吸収し、人としてもアーティストとしてもパワーアップしてくれることを願っている、というのが偽りのないところのようだ。

皆、とにかく温かく優しい。そんなファンを多く持つところも、嵐というグループの個性なのかもしれない。