誰もが抱えているモヤモヤについて、フォーリンラブのバービーさんが自身の言葉で本音を綴っているFRaU web連載「本音の置き場所」(毎月1回更新)。今回のテーマは、悩みを抱えている方も多い「生理」について。バービーさん自身も、生理周期に心と体に様々な変化が訪れるそう。その変化や生理の悩みは人それぞれですが、バービーさんの具体的な症状を教えていただいたので、生理について一緒に考えてみませんか?

バービー連載「本音の置き場所」今までの連載はこちら

「PMS」って知っていますか?

巷でも、よく耳にすることが多くなった「PMS」。話題に上がれば上がるほど、各々症状が違いすぎて、話が噛み合わないこともある。そもそも定義が曖昧すぎて、実在するのか確かではないけど、目撃情報のあるビッグフットみたいな存在にさえ思えてきた。

〔PHOTO〕iStock

PMSとは何か。日本産婦人科学会HPには、次のように書かれている。

PMSとは、月経前症候群(premenstrual syndrome : PMS)月経前、3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます。

精神神経症状として情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害、自律神経症状としてのぼせ、食欲不振・過食、めまい、倦怠感、身体的症状として腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張りなどがあります。とくに精神状態が強い場合には、月経前不快気分障害(premenstrual dyspholic disorder : PMDD)の場合もあります。

日本では月経のある女性の約70~80%が月経前に何らかの症状があります。生活に困難を感じるほど強いPMSを示す女性の割合は5.4%程度と言われています。思春期の女性ではPMSがより多いとの報告もあります。

私自身が感じるPMSも様々で、骨盤が開くことで起こる腰痛、鼻風邪をひく、湿疹が出るなどの身体的症状と、その他の物理的には推し量れない症状に分かれる。後者で、一般的にベタ中のベタになっているのが「生理前後はイライラする」というもの。

写真提供/バービー

YouTubeで生理用品の紹介をしてから、私の元にも辛いPMSに悩んでいる方からDMやコメントがたくさん届いた。同じ人でも月によって違うなど、星の数ほどあるPMSの諸症状。だが、今回は私個人の「PMS」と「PMDD」について語らせて欲しい。