大ヒットした『君の名は。』
# アニメ

アニメ映画の吹き替え、声優とタレントの「垣根がなくなってきた」と言えるワケ

「自然な演技」が求められるなかで

「芸能人声優がいなくてよかった」は本当か

劇場版『鬼滅の刃』は歴代最速で興行収入300億円を超え、異例のロングヒットを記録している。同作品は竈門炭治郎役に花江夏樹、嘴平伊之助役に松岡禎丞など、実力と人気を兼ね備える声優がズラリと名を連ねている。

アニメ作品の話題になると、必ず「声優は本職の声優さんに」という問題が挙がる。『鬼滅』に関しても、深夜テレビアニメの劇場版作品なので、本職声優ばかりなのは当然なのだが、ネットでは「芸能人声優がいなくて良かった」という声も散見される。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
 

だが、それほどまでに芸能人声優というのは非難されるべきなのだろうか。よく「宣伝ありきの起用」とは言われるが、逆に宣伝効果はどれほどあるのだろうか。これまでのケースを踏まえて、改めて考えてみたい。

2020年はコロナの影響が顕著なため、2019年のアニメ映画を例に挙げよう。公開時期や公開館数の違いがあるために単純比較はできないが、2019年に興行収入10億円を突破した邦画アニメ作品は140億円の『天気の子』をはじめ、16作品あった。

そのうち、芸能人声優を起用している作品は11作品、起用していない作品は5作品となっている。今となっては、芸能人を起用しないヒット映画のほうが少なくなってきているのだ。

まず、芸能人をゲスト声優に起用しているケースからみていこう。

興行収入上位では『名探偵コナン 紺青の拳』(山崎育三郎、河北麻友子)や『ONE PIECE STAMPEDE』(ユースケ・サンタマリア他)などの作品があげられる。ただし、両タイトルともすでに広く名前が知られたマンガ原作であり、タレント起用の有無が動員を大きく左右したとは言えないだろう。

オリジナルアニメについて目に向けると、上記の16作品のうち『天気の子』と『プロメア』の2作品だ。

『天気の子』は醍醐虎汰朗、刑事役の小栗旬などが声優起用しているが、社会現象となった『君の名は。』の新海誠監督最新作であり、話題性は十分。先に挙げた2作品と同じく、タレント起用が大きな話題を呼んだとは言えないだろう。