〔PHOTO〕iStock

承認欲求がインフレした「総芸能人社会」と「ポピュリズム」の深すぎる関係

「まっとうな観客」であるために

二〇一九年の夏、ネット(note)に「松本人志についてのノート」という批評文を公開したところ、当初の想定を超えて、大きな反響がありました。長文であり、内容も生真面目な評論文だったため、反応の大きさが意外でした。それだけ、芸人としての松本人志の影響力が大きいということであり、多くの人にとって「松本人志とはどんな存在なのか?」ということが気になっているのでしょう。

それだけではなく、芸能人やお笑い芸人たちという存在そのものが、現代社会のあり方を象徴しているのかもしれない、とも感じました。

実際に私たちはすでに、様々な社会的・政治的な問題を、メディアやSNSなどを通じて「ワイドショー的」「芸能的」に認知し、解釈し、理解するような社会の中で生きています。関心を集めている人々の行動について「うまいことを言おうとする」、そしてそのことによって注目を集めようとする、マキタスポーツ氏の言う「一億総ツッコミ社会」、すなわち「総芸能人化社会」です。

そして少なからぬ人々は、インスタントでパートタイムな芸人・芸能人のように周囲から承認され、称賛されることを欲望しているように思えます。

 

山本太郎と『ジョーカー』

思い返してみれば、私が上記の文章を書いた二〇一九年を象徴したのは――現実の政治と虚構の物語の違いを超えて――「階級脱落し零落した芸能者・芸能人が、ポピュリズム(大衆主義)的な政治性に覚醒する」という現象だったのではないでしょうか。

たとえば吉本興業の所属芸人たちの反社会勢力との「闇営業(直営業)」の問題と、それを解決するための松本人志の「後輩芸人達は不安よな。松本動きます」というtwitterでの行動宣言。元芸人・役者である山本太郎の数々のパフォーマンスと、れいわ新選組(二〇一九年四月設立)の躍進。ホアキン・フェニックス主演の映画『ジョーカー』の大ヒット(アーサーは零落した芸人であり、どん底に落ちて、そこから「悪のカリスマ」へと覚醒していきます)。

山本太郎氏〔PHOTO〕Gettyimages

あるいはそのジョーカーを擬した小梅太夫(!)のちょっとした人気。『アナと雪の女王2』のアナの民主主義に対する絶望と、エコテロリズムへの覚醒……。