女性は政治に関心はない、は本当なのか

先日、前東京都知事で政治学者である舛添要一氏が以下のようなツイートを行った。

「今日お昼に出演したAbema的ニュースショー、ねおさんが番組中に、私の写真を撮って流してくれました。私のYouTube、実はフォロワーの99%が男性、女性は1%のみ。政治の話ばかりだからでしょう。ルーティンを流せとねおさんのアドバイスです。面白いかな?」
https://twitter.com/MasuzoeYoichi/status/1340629476061794304

このツイートに見られる「私のYouTube、実はフォロワーの99%が男性、女性は1%のみ。政治の話ばかりだからでしょう」という言葉は「女性に(少なくとも舛添氏の考えるような形では)政治的関心がない」ことを意図しているのだろう。

舛添さんのような考え方をする人は少なくない〔PHOTO〕Getty Images
-AD-

しかし、女性は政治に関心を持たないのだろうか? フェミニズムやジェンダーと言った「女性の問題」に限らず、環境運動、平和運動など、私の専門とする社会運動にも多くの女性が参加してきたから、そうとも言えない。

ただ、その関心の持ち方には性差があるようだ。先行研究は、福祉や環境保護といった政治的イッシューに女性の関心が集まり、防衛、財政といった分野においてはそうでもないことを明らかにしている(Kaufmann 2002, 2006)。また当然といえば当然かもしれないが、ジェンダー関連に関する政策も女性のほうがより重要視している(岩本 2007)。

同じ政治的関心と言えど、女性ならば暮らしやライフスタイルにより近いほうが関心があって当たり前――先行研究が示すように、私もこのように考えていた。

しかし、その考えを改める出来事があった。